東京大学

概要
調査番号 0739
調査名 第2回子育て生活基本調査(小中版),2002
寄託者 ベネッセ教育総合研究所
(寄託時:ベネッセコーポレーション)
利用申込先・承認手続き 利用方法の詳細はこちら

SSJDAが利用申請を承認したときに利用できる
教育目的(授業など)の利用 教育(授業・卒論等)も可

利用期限

一年間
データ提供方法 ダウンロード
オンライン集計システムSSJDA Data Analysis 利用不可
調査の概要  本調査は,保護者のしつけや教育に関する意識・実態をとらえることを目的に実施された。ベネッセでは,1997年と1998年にも同じ目的で調査を実施しており,とくに今回は1998年調査と経年での比較ができるよう配慮して調査を設計している。

 本調査の特徴は,以下のようにまとめられる。
 1. 時代による変化を把握することができる
 2. 小学1年生~中学3年生までの学年による違いを把握することができる
 3. 地域による子育ての違いを把握することができる
 4. 教育環境の変化に対する意識・行動をとらえるために新規項目を追加している

※提供されるデータは,首都圏の母親の回答のみとなっています。地方都市・郡部の保護者が回答したデータは寄託されていません。
データタイプ(量的調査/質的調査/官庁統計) 量的調査
量的調査: ミクロデータ
調査対象 首都圏,および,地方都市,郡部の小学1年生から中学3年生の子どもをもつ保護者
調査対象の単位 個人
サンプルサイズ 回収数 9,857人,配布数 13,228人,回収率74.5%
※提供されるデータは,首都圏の母親 6,085人の回答のみ
調査時点 2002-09-01 ~ 2002-09-01
2002/09/01
対象時期 2002 ~ 2002
調査地域 東北地方
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
四国地方
首都圏(東京都,埼玉県,千葉県,神奈川県)および地方都市(四国地方の県庁所在地),郡部(東北地方)
標本抽出  
調査方法 学校通しによる家庭での自記式質問紙調査
調査実施者 ベネッセコーポレーション
DOI 10.34500/SSJDA.0739
委託者(経費)  
寄託時の関連報告書・関連論文 「第2回子育て生活基本調査報告書」,研究所報Vol.30,2003年4月,ベネッセ未来教育センター編,(株)ベネッセコーポレーション
SSJDAデータ貸出による二次成果物 二次成果物一覧はこちら
調査票・コードブック・集計表など [調査票]
主要調査事項 (1)子どもの属性  
子どもの性別,学年,出生順位  

(2)子どもとのかかわりについて  
子どもとの会話の頻度,子どもの成長を感じる頻度,子どもへの悩みと気がかり  

(3)子どものしつけについて  
子どものしつけ・教育の情報源,子どもの日ごろの様子や生活習慣,子どもの生活習慣や自立の状況への満足度,子育てで心がけていること,家庭の教育方針  

(4)子どもの勉強について  
子どもの家での勉強日数・時間,子どもの学校での成績,子どもの学習へのかかわり,学力観・勉強観,子どもをどの学校段階まで進学させたいか,子どもを中学受験させる予定か(中学受験したか)  

(5)学校の取り組みへの満足度  

(6)子どもの休日の過ごし方    

(7)子どもの塾や習い事について  
子どもが今まで経験した習い事,子どもが現在している習い事,最もさせてよかったと思う習い事,子ども1人あたりの教育費  

(8)回答者自身について  
毎日の子育てが楽しいか,回答者の続柄,回答者と配偶者の年齢・職業・職種・高等教育の卒業経験,家庭の所有物,家族構成  


※調査項目の詳細については,調査票を参照。
公開年月日 2013/07/10
CESSDAトピック 詳細はこちら

SSJDAオリジナルトピック 教育・学習
バージョン 1 : 2013-07-10
特記事項 ※提供されるデータは,首都圏の母親 6,085人の回答のみとなっています。

※以下のデータは非公開となっています。
 ・Q1 1)学校名
 ・Q8 F
 ・Q12 1)A~D,F,J,K,P
 ・Q12 2)
 ・Q16 2)
 ・Q17 5)
 ・Q20
 ・Q21 6)1,8
 ・Q21 8),9),10)