東京大学

概要
調査番号 0761
調査名 1975年SSM調査,1975
寄託者 2015SSM調査管理委員会
利用申込先・承認手続き 利用方法の詳細はこちら

SSJDAが利用申請を承認したときに利用できる
教育目的(授業など)の利用 教育(授業・卒論等)も可

利用期限

一年間
データ提供方法 ダウンロード
メタデータ閲覧・オンライン分析システムNesstar 利用不可
調査の概要  社会階層と社会移動全国調査,別名SSM(Social Stratification and Social Mobility)調査は,日本で最も伝統のある大規模な社会調査の一つで,1955年の第1回調査(日本社会学会による) 以来10年ごとに実施されている。
 今回の1975年調査は第3回にあたり,1975年SSM全国調査委員会により実施されたものである。本調査は,A調査:社会階層と移動,及び B調査:職業威信,の二つから成る。

 SSJデータアーカイブが提供するデータは,このうちのA調査である。
調査対象 20歳~69歳の男性
調査対象の単位 個人
サンプルサイズ                   標本数  有効サンプル数 (回収率)
      【A調査】:  4,001      2,724      (68.1%)
(参考【B調査】:  1,800      1,296      (72.0%))
調査時点 1975年10月15日~11月30日
調査地域 全国
標本抽出 サンプリングは多段層化抽出法により,全国で303地点を抽出,1地点およそ20標本を選挙人名簿により系統抽出したのち,A調査およびB調査に約2:1の比率で地点ごとに振り分けた。
調査方法 質問紙による訪問面接聴取法
調査実施者 1975年SSM全国調査委員会,実査は(社)輿論科学協会
委託者(経費)
寄託時の関連報告書・関連論文 「1975年SSM調査 コード・ブック」,1976年3月,1975年SSM全国調査委員会事務局
「1975年SSM調査 基礎集計表」,1976年10月,1975年SSM全国調査委員会事務局 
1975年SSM調査委員会編,1978,「社会階層と社会移動 1975年SSM全国調査報告」1975年SSM調査委員会.
富永健一編,1979,「日本の階層構造」東京大学出版会.
SSJDAデータ貸出による二次成果物 二次成果物一覧はこちら
調査票・コードブック・集計表など [調査票]
主要調査事項 <注:(*)は,(従業上の地位,産業,職業,役職名,従業員数)を表す>
【A調査】
●年齢
●15歳頃の居住地,きょうだい数,出生順位,暮らし向き
●最終学歴,卒業・中退等
●現在の職業
  ・(*),副業の有無
●職歴
  ・(*),就職時の年齢
●義務教育最終学年時に希望していた職業
●義務教育最終学年時に希望していた教育程度
●社会的性格
●満足度
  ・仕事の内容,勤め先,収入,学歴,生活全般
●父親の最終学歴
●本人15歳時の父親の職業,本人初職就職時の父親の職業,父親の主な職業
  ・(*),農業形態
●母親の最終学歴
●婚姻状況,家族数,子ども数
●妻の父親の職業
  ・(*),農業形態
●転職観
●仕事の望ましさの基準
●出世の基準
●階層帰属意識(5段階),階級帰属意識(3段階)
●余暇の生活,満足度
●つきあいの程度,満足度
●発言力・影響力,満足度
●政党支持,支持を始めた年齢,政党支持の変化
●以前の支持政党の有無,支持していた年齢,支持していた政党,好きな政党
●本人15歳頃の父親の支持政党
●暮らし向き
●財産の保有状況
●世帯収入,本人の収入
公開年月日 2011/08/31
トピック 社会・文化
バージョン 登録:2011年8月31日
特記事項