東京大学

概要
調査番号 0588
調査名 全国小企業動向調査,2008.1-3
寄託者 日本政策金融公庫総合研究所
(寄託時:国民生活金融公庫総合研究所)
利用申込先・承認手続き 利用方法の詳細はこちら

寄託者が利用申請を承認したときに利用できる
教育目的(授業など)の利用 研究のみ

利用期限

一年間
データ提供方法 ダウンロード
メタデータ閲覧・オンライン分析システムNesstar 利用不可
調査の概要 本調査は,国民生活金融公庫(現 日本政策金融公庫)取引先の従業者20人未満の小企業に対して4半期毎に継続して実施している全国的な景況調査である。全国の事業所の業種別構成比等を参考に公庫取引先企業からサンプルを選定し,4半期ごとにアンケート調査を実施している。今回のデータは,2008年1~3月期実績,2008年4~6月期見通しのものである。小企業の景況を業種別にきめ細かく把握し,公庫業務のほか広く外部関係者の参考に供する。

 調査票は,内容を固定した動向調査の質問と,内容を毎回入れ替える特別調査の質問(今回は「設備投資動向」について)が1つに収められている。データセットもこれらを1つに収めている。一方,報告書は,それぞれ「全国小企業動向調査結果」と「小企業の設備投資動向調査」として,分けて取りまとめている。
調査対象 国民生活金融公庫(現 日本政策金融公庫)取引先の従業者20人未満の企業 〔製造業(従業者20人未満),卸売業(同10人未満),小売業(同10人未満),飲食店・宿泊業(同10人未満),サービス業(同20人未満),情報通信業(同20人未満),建設業(同20人未満),運輸業(同20人未満)〕
 (注) 日本標準産業分類の改訂を踏まえ,2004年4~6月期調査から「飲食店」を「飲食店・宿泊業」に変更し,「情報通信業」を新たに設け,8業種分類としている。
 (注) 2008年1~3月期調査から,従業者数の区分を一部変更している。
調査対象の単位 組織
サンプルサイズ 標本数 10,000企業
  動向調査部分 有効回答数 7,674企業 (有効回答率 76.7%)
     (動向調査 問(1)~(9)のすべての質問を無回答とする
      ケースを除外して数えている。)
  特別調査部分 有効回答数 7,510企業 (有効回答率 75.1%)
     (特別調査 問(10)~(12)のすべての質問を無回答と
      するケースを除外して数えている。)
調査時点 2008/03/10
調査地域 沖縄県を除く全国
標本抽出 総務省「事業所・企業統計調査」における事業所数,国民生活金融公庫の年間貸出件数実績等を勘案の上,総合研究所がサンプル数を決定し,公庫支店がサンプル選定を行う。
調査方法 ・総合研究所が,調査対象企業にアンケート票を郵送し,回収。
・総合研究所にて集計(外注)の上分析を行う。
調査実施者 国民生活金融公庫総合研究所(現 日本政策金融公庫総合研究所)
委託者(経費)
寄託時の関連報告書・関連論文 「全国小企業動向調査結果(2008年1~3月期実績、2008年4~6月期見通し)」,2008年4月15日,国民生活金融公庫総合研究所
特別調査部分は「小企業の設備投資動向調査 2007年度の設備投資実施企業割合は前年度を下回る―2008年度も引き続き消極姿勢が目立つ―」,国民生活金融公庫レポート,2008年4月22日,国民生活金融公庫総合研究所
SSJDAデータ貸出による二次成果物 二次成果物一覧はこちら
調査票・コードブック・集計表など [調査票]
主要調査事項 フェース事項:
 都道府県,従業者数,業種。

アンケート事項:
 売上高(当期の前年同期比,来期の前年同期比見通し),受注額(当期の前年同期比,来期の前年同期比見通し),採算水準(当期実績,来期見通し),資金繰り(当期の前期比実績,来期の前期比見通し),借入(前期比),製品(商品)在庫の過不足,設備投資(当期の実施状況,来期の実施予定),経営上の問題点,業況判断(当期実績,来期見通し)。

特別調査項目:設備投資動向
 (1)現在の設備状況と設備投資の方針(設備の過不足状況,現在の設備の満足度,設備投資への姿勢,設備計画にあたっての最重視点)
 (2)設備投資の実施状況(2006年度の設備投資実施有無(購入・リース別),2007年度の設備投資実施有無(購入・リース別),2007年度の設備投資内容,設備投資目的,設備投資合計金額(購入・リース別),購入資金調達方法,設備投資非実施の理由,最終の設備投資時期)
 (3)2008年度の設備投資計画,等。
公開年月日 2009/06/30
トピック 経済・産業・経営
バージョン 登録:2009年6月30日
特記事項