東京大学

概要
調査番号 0776
調査名 大学生に関する意識調査,2010
寄託者 明治安田生活福祉研究所
利用申込先・承認手続き 利用方法の詳細はこちら

SSJDAが利用申請を承認したときに利用できる
教育目的(授業など)の利用 教育(授業・卒論等)も可

利用期限

一年間
データ提供方法 ダウンロード
メタデータ閲覧・オンライン分析システムNesstar 利用不可
調査の概要  本調査は,全国の大学1~4年生男女を対象に,多岐にわたる調査項目を設けたアンケート調査として実施された。具体的には,大学生のライフスタイル・意識,社会への関心,将来の進路・就労や生活に対する考え方,自身の性格・タイプに対する評価,そして結婚・出産についての考え方などについて調査項目が用意されており,現代の大学生の生活・行動・意識に対する実態把握が可能な設計となっている。
データタイプ(量的調査/質的調査/官庁統計) 量的調査
量的調査: ミクロデータ
調査対象 全国の大学1~4年生の男女
調査対象の単位 個人
サンプルサイズ 回収数 4120人
調査時点 2010年6月16~18日
対象時期
調査地域 全国
標本抽出 性別・学年による8つの区分ごとに同数のサンプルを割り当てた。 そのため,サンプルの属性分布は実際の大学生全体のものとは異なっているが,補正は行っていない。
調査方法 WEBアンケート調査(マクロミル社登録モニター)
調査実施者 明治安田生活福祉研究所
DOI
委託者(経費)  
寄託時の関連報告書・関連論文 「『大学生に関する意識調査』結果の概要」,2010年11月,(株)明治安田生活福祉研究所
「大学生のライフスタイルと将来観-当研究所『大学生に関する意識調査』より-」『生活福祉研究 76号』,2011年1月,(株)明治安田生活福祉研究所
「ひとり暮らし,そしてアクティブ派へ-当研究所『大学生に関する意識調査』より(2)-」『生活福祉研究 77号』,2011年6月,(株)明治安田生活福祉研究所
SSJDAデータ貸出による二次成果物 二次成果物一覧はこちら
調査票・コードブック・集計表など [調査票]
主要調査事項 1.属性
 ・学年,入試方法,住居,アルバイトの有無・収入・目的,両親・親の年収・共働き

2.大学生のライフスタイル
 ・進学理由,現在の生活満足感, サークル活動,悩み,大学生活,読書,情報入手手段

3.大学生の就労に対する意識
 ・進路,就職,志望業界,働きがい,内定状況,初職・転職,仕事の不安

4.結婚・出産についての考え方
 ・結婚と子どもに対する考え,親との同居期間,子どもができた後の働き方

5.将来の資金及び金融,生命保険に対する考え方
 ・資金づくり,金融商品の購入,生命保険及び機能に対する考え方

6.大学生の日本社会に対する考え方
 ・日本社会への満足度,日本の将来に対する考え,国の政策,関心のある問題,現代用語の認知状況,投票意向

*調査事項の詳細は,調査票を参照のこと。
公開年月日 2012/11/01
CESSDAトピック 詳細はこちら

SSJDAオリジナルトピック 教育・学習
社会・文化
バージョン 登録:2012年11月1日 :
特記事項