東京大学

概要
調査番号 0792
調査名 スキンケア化粧品詳細調査,2009
寄託者 ポーラ文化研究所
利用申込先・承認手続き 利用方法の詳細はこちら

SSJDAが利用申請を承認したときに利用できる
教育目的(授業など)の利用 教育(授業・卒論等)も可

利用期限

一年間
データ提供方法 ダウンロード
メタデータ閲覧・オンライン分析システムNesstar 利用不可
調査の概要  ポーラ文化研究所は1976年の設立以来,美しさにかかわる研究,なかでも「化粧文化」について人文・社会学など様々な角度から探究している。調査成果は、研究所内のポーラ化粧文化情報センターや研究所ホームページなどで公開している。
 今回の調査は,首都圏に居住する女性のスキンケア商品の購入状況及び購入理由,使用状況,使用後の効果の実感,費用対効果などについて詳細な質問項目を設けている。
データタイプ(量的調査/質的調査/官庁統計) 量的調査
量的調査: ミクロデータ
調査対象 首都圏(埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県)に居住するスキンケアを現在行っている15~64歳の女性
※中学生を除く
調査対象の単位 個人
サンプルサイズ 1,557人
調査時点 2009年8月28日~30日
対象時期
調査地域 埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県
標本抽出 「平成17年度国勢調査」から首都圏における女性の年代別人口構成比,ポーラ文化研究所実施の「女性の化粧行動・意識に関する実態調査~スキンケア篇2008~」,「女性の化粧行動・意識に関する実態調査~スキンケア・メーク篇2009~」のスキンケア現実行者の出現率に基づいて年代5歳刻みでサンプル数を割付した。
調査方法 インターネット調査
調査実施者 ポーラ文化研究所
DOI
委託者(経費)  
寄託時の関連報告書・関連論文 ポーラ文化研究所調査レポート/報告(ポーラ文化研究所ホームページなどで公開)
No.115スキンケア化粧品の所有・使用状況と1週間のスキンケア状況 (459KB) 2009/11/25
No.116女性が求める洗顔料・化粧水・乳液の価値 (958KB) 2009/11/25
・「@リサーチ 肌ケアに熱心な女性 VS 肌ケアに熱心ではない女性」,『化粧文化PLUS』Volume3,2010年,ポーラ文化研究所 紙媒体出版物
SSJDAデータ貸出による二次成果物 二次成果物一覧はこちら
調査票・コードブック・集計表など [調査票]
主要調査事項 (1)スキンケア実施状況 - 全般
  化粧品使用頻度,アイテム別種類,スキンケアアイテム使用・所有個数,価格
 
(2)スキンケア実施状況 - 生活時間帯別
  出勤/通学日,自由に使える時間,スキンケアをする曜日(アイテム別)
 
(3)洗顔料・化粧水・乳液
  入手の際参考にした情報,購入場所,購入理由,リピート意向,購入時の気持ち,使用実感,メーカー/ブランドへのこだわり,費用対効果
 
(4)メークアップ
  使用アイテム,UVケア・カット効果のある使用アイテム,メークをしている時間,ベースメークに求めること
 
(5)肌の疲れ・ストレス
  肌の疲れ・ストレスを感じる程度・時間帯・時期
 
(6)スキンケアについて心がけていること
  化粧品以外に使用するもの,スキンケアに費やす平均時間,スキンケア化粧品の投資金額
 
(7)フェース事項
  年齢,居住地,婚姻状況,子どもの有無,職業,世帯年収,自由につかえる金額
 
※調査項目の詳細については,調査票を参照。
公開年月日 2012/09/12
CESSDAトピック 詳細はこちら

SSJDAオリジナルトピック 社会・文化
バージョン 登録:2012年9月12日 :
特記事項