東京大学

概要
調査番号 0845
調査名 大卒20~50代の仕事における成長についての意識調査,2010
寄託者 リクルートワークス研究所
利用申込先・承認手続き 利用方法の詳細はこちら

寄託者が利用申請を承認したときに利用できる
教育目的(授業など)の利用 教育(授業・卒論等)も可

利用期限

一年間
データ提供方法 ダウンロード
メタデータ閲覧・オンライン分析システムNesstar 利用不可
調査の概要  本調査は,全国の20代から50代の年齢層にあたる4年制大学卒の男女を対象として,「仕事における成長」あるいは「成長を促す機会」に関する実態や意識を把握する目的で実施された。

 インターネット調査の方法を通じて,全2,000ケースを回収した。
データタイプ(量的調査/質的調査/官庁統計) 量的調査
量的調査: ミクロデータ
調査対象 4年制大学卒で,正社員・正職員,契約社員・嘱託,フリーター(社会人アルバイター),パートタイマー,派遣で就業している22~59歳の男女
調査対象の単位 個人
サンプルサイズ 2,000名(男性1,000名・女性1,000名)
調査時点 2010年3月10日~15日
対象時期
調査地域 全国
標本抽出 インテージ社登録モニターについて,就業形態(正社員と正社員以外)別,年齢階級(22~24歳階級と,それ以降は5歳階級)別,性(男女)別に割り付けを行った。割り付けは,同年齢階級において,正社員グループは150サンプル,正社員以外グループは100サンプルとし,サンプル内で男女は半数ずつとした。
調査方法 インターネット調査
調査実施者 リクルート ワークス研究所
DOI
委託者(経費)  
寄託時の関連報告書・関連論文 「大卒20~50代の仕事における成長についての意識調査 報告書」,2010年5月,リクルート ワークス研究所
SSJDAデータ貸出による二次成果物 二次成果物一覧はこちら
調査票・コードブック・集計表など [調査票]
主要調査事項 (1)フェース事項
 性別,年齢  
 
(2)現在の就業
 就業形態,仕事への意欲,職種,仕事での成長・熱中・満足,顧客・上司からの仕事遂行能力の評価,仕事遂行能力の自己評価,役職,部下,就業先の新入社員,自身の雇用不安,自分を成長させてくれること,現在の仕事にあてはまること
 
(3)学卒後に初めて就いた仕事
 就業形態,学卒後からの就業年数,学卒後就業から3年以内の対象者に限定した項目(上司に対する満足・上司にあてはまること),学卒後就業から4年以上の対象者に限定した項目(最初3年間の経験・成長・上司にあてはまること)
 
(4)自分自身のこと
 生活のなかで重要なこと,ソーシャルスキル,自尊感情,達成動機,成長不安・抑制不安,自我の同一性,希望・充実感・過去受容,現在の仕事を通じた成長の実感
 
※調査項目の詳細については,調査票を参照。
公開年月日 2012/12/26
CESSDAトピック 詳細はこちら

SSJDAオリジナルトピック 雇用・労働
バージョン 登録:2012年12月26日 :
特記事項