東京大学

概要
調査番号 1244
調査名 新有権者等若年層の政治選挙に関する意識調査(参院選前調査),2016
寄託者 明るい選挙推進協会
利用申込先・承認手続き 利用方法の詳細はこちら

SSJDAが利用申請を承認したときに利用できる
教育目的(授業など)の利用 教育(授業・卒論等)も可

利用期限

研究はなし教育は一年
データ提供方法 ダウンロード
メタデータ閲覧・オンライン分析システムNesstar 利用不可
調査の概要 第24回参議院議員通常選挙を控え,18歳,19歳の新有権者をはじめとする若者の政治意識を探るため,全国の15歳から24歳の男女3千人を対象に,インターネット調査を実施した。
調査対象 15歳から24歳の男女個人
調査対象の単位 個人
サンプルサイズ 依頼数:36,787人 有効回答数:3,000人(8.2%)
調査時点 2016年6月15日~6月20日
調査地域 全国
標本抽出
調査方法 インターネット調査
調査実施者 明るい選挙推進協会
委託者(経費)
寄託時の関連報告書・関連論文 「新有権者等若年層の政治選挙に関する意識調査(参院選前調査)について」(http://www.akaruisenkyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2016/08/HP用.pdf)
SSJDAデータ貸出による二次成果物 二次成果物一覧はこちら
調査票・コードブック・集計表など 調査票
主要調査事項 (1)政治・選挙への関心
・選挙権年齢引き下げへの評価
・国や地方の政治についての関心度
・自分自身の生活と政治との関係の程度
・生活満足度
・政治への満足度
・政治の話をする頻度
・親の選挙時の投票状況
・親の投票への同行経験
・関心ある政策
・支持政党の有無
・政治に関する情報との接触状況

(2)投票と棄権
・参議院選挙への投票意向
・投票に行こうと思わない理由

(3)住民票の移動状況
・親との同居状況
・住民票の移動状況
・住民票の移動からの期間
・現住所で投票するための条件の認知
・住民票を移して3ヶ月未満の投票や不在者投票の認知

(4)18歳選挙権に関する授業に関して
・2016年3月時点で高校生だったかどうか
・昨年18歳選挙権に関連して高校であったこと

(5)フェース項目
性別,年齢,都道府県,結婚の有無,同居子供人数,現在の状況
公開年月日 2019/06/13
トピック 政治・行政・選挙
バージョン 登録:2019年6月13日
特記事項