東京大学

概要
調査番号 H023
調査名 第1回技術者の働き方とキャリアに関するアンケート,2008
寄託者 東京大学社会科学研究所人材ビジネス研究寄付研究部門
利用申込先・承認手続き 利用方法の詳細はこちら

SSJDAが利用申請を承認したときに利用できる
教育目的(授業など)の利用 研究のみ

利用期限

一年間
データ提供方法 ダウンロード
メタデータ閲覧・オンライン分析システムNesstar 利用不可
調査の概要  企業における派遣労働の活用のあり方や派遣労働の実態について社会的関心が高まってる。派遣労働に関わる従来の研究では,派遣会社に有期契約されて,派遣先で仕事に従事するいわゆる登録型の派遣社員の活用や就業実態に関するものが多い。しかし他方で,派遣労働には,有期契約ではなく,派遣会社に無期雇用されて派遣先で仕事に従事する常用型の派遣という形態も存在し,設計技術者など技術者の派遣に多く見られるという特徴がある。

 常用型の派遣であっても,派遣先の業務に従事し,派遣先の仕事を経験しながら能力を高めてキャリア形成していく点は,登録型派遣の働き方と同じであり,派遣会社と派遣先企業の労働者派遣契約が終了すれば,他の派遣先で就業することになる。他の派遣先がない場合には,派遣会社に正社員として雇用されているため,通常は派遣会社との雇用関係は継続し,給料の一定額が減額されることが多いものの,その期間に教育訓練などが行われ,派遣先が見つかれば新しい派遣先に派遣される。派遣会社としては無期契約で派遣社員を雇用しているため,派遣先の継続的な確保・開拓といった対応や,派遣先がない場合の人事処遇面での対応が重要となる。

 本調査は,このような常用型の派遣である技術者派遣に着目し,派遣先での仕事の仕方やキャリア形成の特徴について,派遣技術者個人に対するアンケート調査によって明らかにしようとするものである。
データタイプ(量的調査/質的調査/官庁統計) 量的調査
量的調査: ミクロデータ
調査対象 調査協力会社である技術者派遣会社8社において,以下4つの条件を全て満たす派遣労働者(派遣技術者)
・製品設計業務(製品企画,基本設計,詳細設計,図面作成,CAD操作,試作・評価・解析等)に従事していること(ソフトウェア技術者,保守・管理のみを行う技術者は除き,組み込みソフトウェア設計技術者は含む)
・派遣元と期間の定めのない雇用契約を結んでいること
・調査時点で概ね25歳以上であること
・現在の派遣先で製品設計業務に従事していること
調査対象の単位 組織
サンプルサイズ 配布数 2,039票 有効回収数 898票(有効回収率44.0%)
調査時点 2008年1月~3月
対象時期
調査地域
標本抽出
調査方法 質問紙調査(技術者派遣会社経由で派遣技術者に質問紙を配布,記入された質問紙は派遣技術者本人から郵送回収)
調査実施者 東京大学社会科学研究所人材ビジネス研究寄付研究部門 
DOI
委託者(経費)
寄託時の関連報告書・関連論文 「製品設計分野における技術者派遣企業のキャリア管理(2)‐技術者個人アンケート調査から‐」,東京大学社会科学研究所人材ビジネス研究寄付研究部門 研究シリーズNo.13,2008年10月,東京大学社会科学研究所人材ビジネス研究寄付研究部門
佐野嘉秀・高橋康二「派遣技術者のキャリアと仕事意欲」,佐藤博樹・佐野嘉秀・堀田聰子編『実証研究日本の人材ビジネス』2010年,日本経済新聞出版社
SSJDAデータ貸出による二次成果物 二次成果物一覧はこちら
調査票・コードブック・集計表など 調査票
主要調査事項 (1)職場と働き方:担当業務製品(部品),プロジェクトの従業員数・派遣社員数,仕事上の指示・指導者,連絡の頻度,週の平均労働時間,派遣先企業の従業員数

(2)現在の業務:担当する設計業務,担当工程,仕事の仕方,派遣社員が関わっている業務,派遣社員が行っている業務,経験プロジェクト数,業務の難易度の変化

(3)教育訓練:派遣会社での研修日数,派遣先での教育訓練,能力・知識の向上意欲,能力や知識が他派遣先で役立つ程度,新人が仕事をこなせるまでの期間

(4)これまでのキャリア:他の派遣会社の経験,入社前に就職を考えた会社,入社理由,入社後に経験した仕事・工程,経験した派遣先数,仕事の難易度の変化,給与の変化,希望通りの仕事の担当状況,高度な業務への対応

(5)今後のキャリア:仕事についての希望,現在の派遣先での希望勤続年数,目指している働き方

(6)人事管理・賃金制度:派遣会社・派遣先における機会,給与決定の要因,給与決定で重視してほしい項目

(7)仕事に対する意識や考え:重要度・満足度,取り組み姿勢

(8)フェース事項:性別,年齢,配偶者の有無,最終学歴,学校卒業状況,新卒・中途入社,経験年数,現在の派遣会社での勤続年数,現在のプロジェクトの配属年数,年収(※1)

※1 「年収」は,調査対象企業によって,設問のない調査票を配布している場合があります。
※2 調査項目の詳細については,調査票 を参照。
公開年月日 2013/03/13
CESSDAトピック 詳細はこちら

SSJDAオリジナルトピック 雇用・労働
バージョン 1 : 2013-03-13
特記事項 ・追加調査が行われたため,提供データ数は1,220ケースとなっています。
・問1b)のデータは非公開となっています。