University of Tokyo
Output Search

Display All:
Survey Number:
Survey Title:
Output Title(Title):
Author Name:
Year:
FROM: TO:

Sort by:

<< < 1 > >> Total: 58

− List of Usage Output −
Output Title(Title) Author Name Title of Journal or Publication, Publisher name, etc. Year and Month of Presentation Survey Number
What Do Microsimulations Tell Us about Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan? Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito and Masato Takara ESRI Discussion Paper Series No.343 2018/04 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan – A Microsimulation Approach – Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito and Masato Takara International Microsimulation Association, March 22, 2018, at International University of Health and Welfare, Narita Campus 2018/04 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Implications of Higher Education Financing Reform Options in Japan Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito, Masato Takara International Workshop "Financing Higher Education in Japan" on 4 Oct 2017 2018/04 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Costs of Newly Launched Income Contingent Loans in Japan - A Microsimulation Approach - Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito, Masato Takara JCER Discussion Paper No.146 2017/12 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
コミュニティ参加と賃金の関係の時間変化 西野英樹,鈴木雄大,清水雄太 慶應義塾大学経済学部三田祭論文 2013/11 0200
0250
0300
0350
0600
0800
0850
社会関係資本に対する成人学習機会の効果-教育は社会的ネットワークを促進するか?- 佐藤智子 日本社会教育学会紀要 No.47 2011/06 0200
0250
福祉国家への態度形成 安藤理 東洋館出版社 2011/03 0200
0250
0300
0350
2000年代の所得不平等度と貧困度の推移 窶鐀 JGSSと官庁統計 窶鐀 吉岡慎一 西南学院大学経済学論集 第45巻 第3号 2010/12 0146
0200
0250
0300
0350
0550
0600
政治への心理的関与に対する社会教育の効果と政策的課題 佐藤智子 日本教育行政学会年報 No.36 2010/10 0200
0250
健康状態と労働生産生産性 湯田道生 日本労働研究雑誌 第601号 2010/08 0200
0250
0300
0350
0550
0600
The Impacts of Recent Smoking Control Policies on Individual Smoking Choice 湯田道生 中京大学経済学部附属経済研究所Discussion paper No.1006 2010/08 0200
0250
0300
0350
0550
0600
「健康水準と労働生産性」への付録 湯田道生 中京大学経済学部附属経済研究所Discussion paper NO.1005 2010/08 0200
0250
0300
0350
0550
0600
裁判員制度導入以前における日本の死刑制度の賛否に関する世論の分析-JGSS累積データ2000-2001における死刑反対の根拠について- 山本博子 京都社会学年報 第17号 2009/12 0200
0250
「格差」の戦後史-階級社会 日本の履歴書  橋本健二 河出書房新社 2009/10 0200
0250
0300
0350
打ち切り・切断データの分析 水落正明 理論と方法 Vol.24No.1 2009/05 0200
0250
0300
人口の地域間移動と義務教育費国庫負担制度 松浦司 『学歴格差の経済学』勁草書房 2009/02 0200
0250
0300
Working mothers and son’s preferences regarding female labor supply : direct evidence from stated preferences 川口大司 J Popul Econ (2009) 22 2009/02 0200
0250
0300
0350
高齢者の生活と福祉 福田節也 人口減少時代の社会保障 2008/12 0200
0250
0300
0350
The Union Wage Effect in Japan 原ひろみ Industrial Relations, Vol.47, No.4 2008/10 0200
0250
0300
0350
若年労働市場における非典型雇用・無業とジェンダー-JGSS統合データによる分析から- 白川俊之 研究論文集[7]JGSSで見た日本人の意識と行動 2008/06 0200
0250
0300
0350
何が理想の子ども数と現実子ども数の差を生みだすのか 松浦司 家計経済研究 No78  2008/04 0200
0250
0300
0350
Does the first job really matter? State dependency in employment status in Japan 近藤絢子 Journal of the Japanese and International Economies September2007 2007/09 0146
0200
0250
0300
Who suffered from the superstition in the marriage market? The case of Hinoeuma in Japan 赤林英夫 American Economic Association Meeting 2007 2007/07 0200
0250
0300
Testing Unitary Models of Labor Supply on Decision-making Systems: Evidence from Japan 両角良子 Working Paper No.217 Faculty of Economics, University of Toyama 2007/04 0200
0250
高齢者の社会的地位の変化と幸福感-「ライフコースと階層」研究の視点から- 岩井八郎 生きがい研究 13 2007/03 0200
0250
学校から職業への移行に関する二つの経路-「間断」のない移行と「学校経由」の就職- 香川めい 東京大学大学院教育学研究科紀要 第46巻 2007/03 0250
0300
仕事とセックスのあいだ 玄田有史 『仕事とセックスのあいだ』朝日新聞出版社 2007/01 0200
0250
なぜ離婚リスクは社会階層により異なるのか 三輪哲 永井暁子、松田茂樹編『対等な夫婦は幸せか』勁草書房 2007/01 0200
0250
0300
世代間学歴移動の社会的効果-再分配政策への賛否に着目して- 安藤理 教育社会学研究 第79集 2006/12 0200
0250
0300
0350
教育機会の不平等と、平等のための教育-社会政策 橋本健二 世界の労働 第56巻第11号 2006/12 0200
0250
0300
0350
就業二極化と性行動 玄田有志,川上淳之 日本労働研究雑誌 第556号 2006/11 0200
0250
The effect of smoking habit on labor productivity 湯田道生 近経研究会/応用計量経済学コンファレンス 2006/10 0200
0250
0300
0350
“貧困との戦い”における最低賃金の役割 橘木俊詔,浦川邦夫 『日本の貧困研究』東京大学出版会 2006/09 0200
0250
0300
Intergenerational Coresidence of the Japanese Elderly 高木絵美子 Research on Aging Vol.28 No.4 2006/07 0250
What Do Unions Do in Japan? 原ひろみ COE/RES Discussion Paper Series,No.171 2006/05 0200
0250
0300
0350
就業二極化と性行動-出生減少のミクロ的背景- 川上淳之、玄田有史 東京大学社会科学研究所 Discussion Paper Series J-147 2006/04 0200
0250
現代日本のワーカホリック-新自由主義を担っているのはどのような人々か- 高橋康二 SSJ Data Archive Research Paper Series No.33 2006/03 0200
0250
0300
0350
節約志向とエコ購入志向-現在日本の環境配慮行動と環境意識- 立石裕二 SSJ Data Archive Research Paper Series No.33 2006/03 0200
0250
0300
0350
「健康の不平等」の現在-主観的健康状態と社会経済的地位(socioeconomic status)の関連 佐藤雅浩 SSJ Data Archive Research Paper Series No.33 2006/03 0200
0250
0300
0350
反復横断調査としてのJGSSの意義-調査間隔の短さがもつ利点:『早稲田社会学会 社会学年誌47号』 保田時男 早稲田社会学会 社会学年誌47号 2006/03 0200
0250
0300
0350
子育て解放期の余暇活動の現状および関連要因の検討 石倉裕美 大正大学大学院研究論集 第30号 2006/03 0250
市民社会における学級・講座の意義-社会教育と地方行政の計量分析-:『東京大学大学院教育学研究科紀要 第45巻』 佐藤智子 東京大学大学院教育学研究科紀要 第45巻 2006/03 0200
0250
0300
学卒直後の雇用状態が結婚タイミングに与える影響 水落正明 生活経済学研究 第22・23巻合併号 2006/03 0200
0250
0300
無回答の発生要因 朝倉眞粧美 社会学研究科年報 2006 No.13 2006/03 0200
0250
0300
保育サービスの量的・質的充実が女性の就業と出産に与える影響 水落正明 東北経済学会誌2005年度版 2006/03 0200
0250
0300
男女賃金格差の要因分解-学歴別検証- 野崎祐子 生活経済学研究第22巻・23巻 2006/02 0200
0250
0300
Educational Homogamy in Contemporary Japan 三輪哲 Social Science Japan (33) 2005/12 0200
0250
0300
0350
Working Mothers and Sons'Preferences Regarding Female Labor:Direct Evidence from Stated Preferences 川口大司 一橋大学21世紀COEプログラム社会科学の統計分析拠点構築 Discussion Paper Series No.110 2005/08 0200
0250
0300
生活水準向上機会認知と社会階層-「希望格差社会」論の予備的検討- 神林博史 社会学年報 第34号 2005/07 0200
0250
0300
社会経済的因子による「健康における不平等」の研究 藤澤由和 近藤克則編『社会経済的因子による「健康における不平等」の研究』平成14~平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書 2005/06 0129
0146
0200
0250
中小企業白書2005年版 市川慎 中小企業白書2005年版 2005/05 0200
0250
0300
後期青年期と階層・労働市場 石田浩 教育社会学研究第76集(2005) 2005/05 0200
0250
0300
父不在・無職層の帰結-将来の地位達成格差とその意味- 三輪哲 尾嶋史章編『現代日本におけるジェンダーと社会階層に関する総合的研究』科学研究費補助金研究成果報告書,同志社大学 2005/03 0200
0250
0300
現代日本における母親の就労の子どもへの影響に関する規範意識 松田茂樹 現代日本の社会意識 2005/03 0250
子どもの代替としての犬の役割に関する一考察-JGSSのデータから- 杉田陽出 日本版General Social Surveys 研究論文集[4] 2005/03 0200
0250
子どもが減って何が悪いか! 赤川学 筑摩書房 2004/12 0250
0191
飼育動物の選択には何が影響を与えるか-日本版総合社会調査を用いて- 尾崎裕子 アニマル・ナーシング 8(2), 2004/03 0146
0200
0250
JGSS-2000とJGSS-2001のデータに見る犬の飼い主の健康状態 杉田陽出 大阪商業大学論集 第132号 2004/02 0200
0250

<< < 1 > >> Total: 58