東京大学

概要
調査番号 0049
調査名 若者の生活意識に関する調査,1993
寄託者 生命保険文化センター
利用申込先・承認手続き 利用方法の詳細はこちら

SSJDAが利用申請を承認したときに利用できる
教育目的(授業など)の利用 教育(授業・卒論等)も可

利用期限

一年間
データ提供方法 ダウンロード
メタデータ閲覧・オンライン分析システムNesstar 利用不可
調査の概要 現代の若者の意識を、集団(家族・学校・職場・友達)との関わり方を中心に生活意識、社会観、倫理観、消費・貯蓄意識等を捉え、個人化・自立化が進展しているといわれるなかで、若者が各集団をどのように評価し、どのような関わり方を志向しているかを明確にする、という目的で本調査が実施された。
調査対象 16歳~26歳の男女個人
調査対象の単位 個人
サンプルサイズ サンプル数 2,000人、有効回収数 1,188人、有効回収率 59.4%
調査時点 1993年6月19日~27日
調査地域 首都50km圏
標本抽出 層化2段無作為抽出方法
調査方法 調査員による面接聴取
調査実施者 生命保険文化センター、実地調査は中央調査社
委託者(経費)
寄託時の関連報告書・関連論文 「若者の生活意識に関する調査-集団に対する意識を中心として-」生命保険文化センター、1993年11月
SSJDAデータ貸出による二次成果物 二次成果物一覧はこちら
調査票・コードブック・集計表など [調査票]
主要調査事項 フェース事項:
性別、生年、未既婚、職業、兄弟の有無、同居の家族、両親の満年齢。
アンケート事項:
①生活意識-日常生活における意識(服装・ファッション、食事の場面、自由な時間、生活全般で大切な人)、清潔感、電話(使用回数、相手)、悩みごとの相談方法、生活の目標と達成に必要なもの、②社会観-現在と将来の日本社会全体への考え方、高齢化社会観、学歴社会観、外国(人)への意識・関わり方、男女の役割意識、③親子の関わり-育てられ方(しつけや勉強、親子の関わり、社会についての対話、3つの局面での関与者)、子供の育て方、④倫理観-権威(親・学校の先生・職場の上司や先輩)に対する意識、規範に対する意識、登校拒否、校内暴力、⑤集団意識-依存の有無、自由さ、リーダーの必要性、上下関係の容認、愛着感、安心感、信頼感、連帯感、帰属意識の強さ、集団間の関連の構造、⑥消費・貯蓄意識-消費の考え方、ショッピング同行者、貯蓄の重視点、⑦保障意識と生命保険-保障意識、生保会社の認知度、生命保険の知識・加入実態・加入時の決め手。
公開年月日 1998/04/01
トピック 社会・文化
バージョン 登録:1998年4月1日
特記事項