東京大学

概要
調査番号 0734
調査名 第2回学習指導基本調査,1998
寄託者 ベネッセ教育総合研究所
(寄託時:ベネッセコーポレーション)
利用申込先・承認手続き 利用方法の詳細はこちら

SSJDAが利用申請を承認したときに利用できる
教育目的(授業など)の利用 教育(授業・卒論等)も可

利用期限

一年間
データ提供方法 ダウンロード
メタデータ閲覧・オンライン分析システムNesstar 利用不可
調査の概要  本調査は,小学校教師を対象とした各学校における学習指導状況の実態についての全国的な調査である。

 本調査の特徴は,以下に示す通りである。

1)時代による変化がわかる
 時系列で調査することを目的として企画されており,調査項目は毎回の調査で使用できるよう配慮されている。

2)小・中学校の学習指導の実態が比較できる
 本調査では,意識的に1997年の中学校版調査(SSJDA調査番号 0733 )と共通の調査項目を設定しているため,小・中学校の学習指導の実態が比較できる。

3)幅広い学習指導の実態が把握できる
 学校における学習指導の実態だけでなく,家庭学習への指導法や近年の児童の変化,教師自身の生活時間・教育観など,さまざまな内容の調査項目を盛り込み,幅広い意味での学習指導の実態を把握できる。

4)調査対象の選定に配慮している
 調査対象地域を全国6地区から選定し,さらに都県庁所在地・その他の市部・郡部の3地域に分けて調査が実施されている。
データタイプ(量的調査/質的調査/官庁統計) 量的調査
量的調査: ミクロデータ
調査対象 公立小学校教諭
(校長,教頭,助教諭,特殊教諭,養護教諭,講師などは除く)
調査対象の単位 個人
サンプルサイズ 配布数:5,100人(岩手850,新潟850,東京850,岡山850,福岡850,熊本850)

有効回収数: 1,161人(岩手191,新潟203,東京184,岡山226,福岡181,熊本174)

回収率:22.8%

※提供するデータは学級担任をしている教諭のデータ(N=1,033)のみとなっています。
調査時点 1998年10月~11月
対象時期
調査地域 全国6地区
岩手県,新潟県,東京都,岡山県,福岡県,熊本県の都県庁所在地・その他の市部・郡部
標本抽出 上記6地区の教職員名簿をもとにした系統抽出(無作為)
調査方法 任意郵送法
調査実施者 ベネッセコーポレーション
DOI
委託者(経費)
寄託時の関連報告書・関連論文 「第2回学習指導基本調査報告書-小学校版-」,研究所報 Vol.18,1999年6月,ベネッセ教育研究所編,(株)ベネッセコーポレーション
SSJDAデータ貸出による二次成果物 二次成果物一覧はこちら
調査票・コードブック・集計表など [調査票]
主要調査事項 (1)教職生活
 ・退勤時刻,新聞・読書の時間,テレビ・音楽の視聴時間,家で学校の仕事をする時間

(2)学校行事
 ・学校行事回数
 
(3)授業の進め方
 ・授業時間の使い方,授業方法

(4)学習指導
 ・宿題を出す頻度・量・内容,家庭での学習時間の指導,授業を進める際の目安

(5)児童の変化
 ・教師から見た児童の変化

(6)教育観・将来展望
 ・授業や生徒指導で大切にしていること
 ・教職生活における将来展望

(7)属性
 ・性別,年齢,教職経験年数,力を入れて研究している教科,担任かどうか,担任・副担任の学年,学校規模,学校所在地

※調査項目の詳細については,調査票を参照。
公開年月日 2013/01/23
CESSDAトピック 詳細はこちら

SSJDAオリジナルトピック 教育・学習
バージョン 登録:2013年1月23日 :
特記事項 以下のデータは非公開となっています。
 ・Q1 E
 ・Q2 A,B,C,E
 ・Q3 C1)~4),D
 ・Q4 ASQ2
 ・Q5 A~M
 ・Q7 A,B,C1)~11),D1)~7)
 ・Q11 F,G,H