University of Tokyo
Output Search

Display All:
Survey Number:
Survey Title:
Output Title(Title):
Author Name:
Year:
FROM: TO:

Sort by:

<< < 1 > >> Total: 11

− List of Usage Output −
Output Title(Title) Author Name Title of Journal or Publication, Publisher name, etc. Year and Month of Presentation Survey Number
「日本人の意識調査」からみた ムラ的意識の近年動向とその含意 渡辺靖仁 共済総合研究 Vol.78(2019.3)JA共済総合研究所 2019/03 0814
1119
終わらざる「社会」の選択―「一九九〇年代」の散乱と回帰 仁平典宏 大澤聡編『1990年代論』河出書房新社 2017/08 0814
日本社会における仕事の価値の長期的な推移 田靡裕祐 日本労働研究雑誌 2017/07 0814
日本人の政治的疎外意識:政治的有効性感覚のコーホート分析 伊藤理史 フォーラム現代社会学第16号 2017/05 0814
日本人の宗教意識に関する計量的研究―NHK『日本人の意識調査』データを用いたコウホート分析 清水香基 『次世代人文社会研究』第13号、 韓日次世代學術 FORUM 2017/04 0814
生活満足感に対する加齢効果・コーホート効果・時代効果 小林大祐 太郎丸博編『後期近代と価値意識の変容』東京大学出版会 2016/09 0814
日本人の政治参加:投票外参加のコーホート分析 伊藤理史 太郎丸博編『後期近代と価値意識の変容:日本人の意識 1973-2008』東京大学出版会 2016/09 0814
仕事の価値と人々の価値志向 田靡裕祐,宮田尚子 『後期近代と価値意識の変容』第6章,東京大学出版会 2016/09 0814
仕事の価値の布置と長期的変化--「日本人の意識」調査の2次分析 田靡裕祐,宮田尚子 社会学評論 66(1) 2015/06 0814
生活目標のコーホート分析―いかなる時代・世代に日本人の生活目標は変化したのか?― 柴田悠,坂口祐介 『ソシオロジ』第59巻1号 2014/06 0814
性役割意識のコーホート分析―若者は保守化しているか?― 永瀬圭,太郎丸博 『ソシオロジ』第58巻3号 2014/02 0814

<< < 1 > >> Total: 11