東京大学

概要
調査番号 1363
調査名 子どもの生活と学びに関する親子調査 Wave1~4,2015-2019
寄託者 ベネッセ教育総合研究所
利用申込先・承認手続き 利用方法の詳細はこちら

SSJDAが利用申請を承認したときに利用できる
教育目的(授業など)の利用 教育(授業・卒論等)も可

利用期限

一年間
データ提供方法 ダウンロード
メタデータ閲覧・オンライン分析システムNesstar メタデータ閲覧・オンライン分析システム「Nesstar」を用いた分析が可能。
調査の概要  本研究プロジェクトは,子どもの生活や学習の状況,保護者の子育ての様子を複数年にわたって調査し,それらが子どもの成長とともに,どのように変化するのかを明らかにするものである。これにより,子どもの生活や学習,子育ての現状や課題をとらえ,よりよい教育や子育てのあり方を検討する。
 本研究プロジェクトの特徴は以下の3点である。(1) 毎年,小学1年生を新規に追加する継続的なパネル調査を実施しているため,小学1年生から高校3年生の「現在」と「時代変化」をとらえることができる。(2) 同じ子どもとその保護者を継続して調査しているため,親子の「成長・発達」のプロセスをとらえることができる。(3) 子どもの生活と学習にかかわる意識や実態を幅広く,詳細にとらえることができる。

 提供データには以下が含まれています。
・2015年度ベースサーベイ(親子調査Wave1)
・2016年度ベースサーベイ(親子調査Wave2)
・2017年度ベースサーベイ(親子調査Wave3)
・2018年度ベースサーベイ(親子調査Wave4)
・2017年度高3生調査
・2018年度高3生調査
・2016年度語彙力・読解力調査スコア(問題は提供しません)
データタイプ(量的調査/質的調査/官庁統計) 量的調査
量的調査: ミクロデータ
調査対象 親子調査Wave1~4:全国の小学1年生から高校3年生の子どもとその保護者 ※小学1~3年生は保護者が回答
2017年度・2018年度高3生調査:全国の高校3年生の子ども ※2018年・2019年3月時点の高校3年生
語彙力調査:全国の小学3年生,6年生,中学3年生,高校3年生の子ども ※2017年3月時点の該当学年
読解力調査:全国の中学3年生,高校3年生の子ども ※2017年3月時点の該当学年
調査対象の単位 個人,家族
サンプルサイズ 親子調査Wave1:子ども11,982名 保護者16,776名 ※21,569組の親子に調査票を配布
親子調査Wave2:子ども11,014名 保護者16,013名 ※21,485組の親子に調査票を配布
親子調査Wave3:子ども10,170名 保護者15,389名 ※19,173組の親子に調査票を配布
親子調査Wave4:子ども12,809名 保護者18,217名 ※19,715組の親子に調査票を配布
2017年度高3生調査:高校3年生の子ども975名 ※「調査モニター」のうち2018年3月時点の高校3年生1,401名に調査票を配布
2018年度高3生調査:高校3年生の子ども1,014名 ※「調査モニター」のうち2019年3月時点の高校3年生1,493名に調査票を配布
語彙力調査:小学3年生,6年生,中学3年生,高校3年生の子ども3,693名 ※「調査モニター」のうち2017年3月時点の該当学年の子ども7,089名に配布
読解力調査:中学3年生,高校3年生の子ども1,152名 ※「調査モニター」のうち2017年3月時点の該当学年の子ども3,650名に配布
調査時点 親子調査Wave1:2015年7~8月
親子調査Wave2:2016年7~8月
親子調査Wave3:2017年7~9月
親子調査Wave4:2018年7~9月
2017年度高3生調査:2018年3月~4月上旬
2018年度高3生調査:2019年3月~4月上旬
2016年度語彙力・読解力調査:2017年3月
対象時期
調査地域 全国
標本抽出
親子調査Wave1:「調査モニター」は,全国の小学1年生~高校3年生のリストから,全国7地域の児童・生徒比率(文部科学省「学校基本調査」平成25~26年度)に応じて抽出した「調査モニター募集対象者」に対して,2014年2月から2015年5月にかけて募集。
親子調査Wave2:Wave1と同一の「調査モニター」に調査票を配布。ただし,小学1年生は,Wave1と同様に全国7地域の小学1年生の比率に応じて抽出し,「調査モニター」に追加。
親子調査Wave3以降:Wave1とWave2の少なくともいずれか一方に回答した人を「調査モニター」として調査票を配布。Wave1,Wave2と同様に,毎年,小学1年生の「調査モニター」を追加している。
高3生調査:「調査モニター」のうち2018年・2019年3月時点の高校3年生に調査票を配布。
語彙力調査:「調査モニター」のうち2017年3月時点の小学3年生,6年生,中学3年生,高校3年生に調査票を配布。
読解力調査:「調査モニター」のうち2017年3月時点の中学3年生,高校3年生に調査票を配布。
調査方法 親子調査Wave1:郵送およびインターネットによる自記式質問紙調査 ※回答者がいずれかの方法を選択
親子調査Wave2:郵送による自記式質問紙調査
親子調査Wave3:郵送による自記式質問紙調査
親子調査Wave4:郵送による自記式質問紙調査
2017年度高3生調査:郵送による自記式質問紙調査
2018年度高3生調査:郵送による自記式質問紙調査
語彙力調査:インターネットによる語彙力テスト
読解力調査:インターネットによる読解力テスト
調査実施者 ベネッセ教育総合研究所
DOI
委託者(経費)
寄託時の関連報告書・関連論文 東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所,2015,『「子どもの生活と学びに関する親子調査2015」速報版』,ベネッセホールディングス ベネッセ教育総合研究所,2016年3月
東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所,2017,『「子どもの生活と学びに関する親子調査2015-2016―親子パネル調査にみる意識と実態の変化―」速報版』ベネッセホールディングス ベネッセ教育総合研究所,2017年3月
東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所,2018,『「子どもの生活と学びに関する親子調査2015-2017」速報版』ベネッセコーポレーション ベネッセ教育総合研究所,2018年5月
東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所,2019,『「子どもの生活と学びに関する親子調査2015-2018」ダイジェスト版』ベネッセコーポレーション ベネッセ教育総合研究所,2019年3月
東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所,2019,『「高校生活と進路に関する調査2018」ダイジェスト版』ベネッセコーポレーション ベネッセ教育総合研究所,2019年12月
東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所(編), 2020, 『子どもの学びと成長を追う―2万組の親子パネル調査から』勁草書房, 2020年9月
SSJDAデータ貸出による二次成果物 二次成果物一覧はこちら
調査票・コードブック・集計表など 親子調査Wave1調査票【 子ども 】【 保護者
親子調査Wave2調査票【 子ども 】【 保護者
親子調査Wave3調査票【 子ども 】【 保護者
親子調査Wave4調査票【 子ども 】【 保護者
2017年度高3生調査【 調査票
2018年度高3生調査【 調査票

※2016年度語彙力・読解力調査の問題は非公開(読解力調査 問題例
主要調査事項 【フェイス項目】
・子供の学年,性別
・父母の学歴,就業形態,就業時間(フルタイム/パートタイム),職種
・父母の仕事がある日の帰宅時間,家事・子育て分担
・同居家族,きょうだい構成
・世帯収入
・祖父母からの金銭的援助,祖父母の家事・子育て

【親子調査Wave1~4】
[子ども票]
(1) 子どもの生活・経験
 起床・就寝時刻,生活時間,生活習慣,お手伝い,遊び場,好きな遊びのタイプ,1年間の経験(行動・感情),メディア利用,アルバイト,熱中していること,おこづかいの使い方,おこづかいの金額
(2) 子どもの学校生活・勉強
 学校生活,勉強の好き嫌い,文系か理系か,学習時間,好きな教科や時間,部活動,習い事,学習塾,進学・留学への意識,成績の自己評価,模擬試験の成績,勉強場所,授業の経験,テーマ学習の経験,勉強,勉強する理由,学習に関する意見
(3) 保護者とのかかわり
 保護者との会話,保護者とのかかわり
(4) 他者とのかかわり)
 友だち,先生,祖父母,近所の人などとのかかわり,友だち人数,友だちとの関係,つきあっている人がいるか,親・友達・先生とのかかわり,なりたい人・その理由
(5) 得意・苦手,自己認識
 学習・思考・行動の得意・苦手,人間関係,自信,社会への関心,将来の目標,選挙や政治,なりたい職業,職業選択で重視すること,将来に関する意識,「一人前の大人の条件」,意見・価値観,満足度(自分の性格,成績,他者との関係),幸福度

[保護者票]
(1) 子育て・教育の実態
 子どもとのかかわり,大切さを伝えていること,家庭での約束やルール,勉強へのかかわり,子どもの得意・苦手,子どもの成績,習い事,教育費,学習塾,子育てや教育の情報源,おこづかい,読み聞かせ
(2) 子育て・教育の意識
 教育観,学習に関する意見,学校の取り組みに関する満足度,学校や先生への信頼,悩みや気がかり,進学への意識,子どもの将来に関する意識,満足度(子どもの性格,成績,他者との関係),教育政策に関する意識,社会に関する意識
(3) 保護者の生活
 ふだんの生活(趣味,社会活動など),保護者自身の自立度,選挙や政治,保護者が中学生だった頃の経験,意識・価値観,子育てによる変化,幸福度

【2017年度・2018年度高3生調査】
 勉強時間,成績(模擬試験),さまざまな活動への取り組み状況,4月からの進路,4月からの通学・通勤予定,希望した進路の実現度,進学先の入試方法,専攻,奨学金の予定,進学先の大学の種類,入試難易度,大学でしたいこと,大学受験に関する考え,進路を意識した時期,進路決定の参考にしたこと,授業料無償化への意見,進路決定に影響した人,進路選択時の悩み,進路選択に対する主体性,高校生活の振り返り,将来展望,ふだんの生活・興味・勉強,思考・行動,対人関係,自分自身・将来

【2016年度語彙力・読解力調査】
 語彙力,読解力
公開年月日 2021/04/12
CESSDAトピック 詳細はこちら

SSJDAオリジナルトピック 教育・学習
バージョン 1 : 2021-04-12
特記事項 【非公開データについて】
・親子調査Wave1[保護者]Q13,親子調査Wave2[保護者]Q9,親子調査Wave3[保護者]Q9,親子調査Wave4[保護者]Q13
・自由記述形式の回答(その他の内容,学校名等)

【特別データについて】
別途申請が必要です。
・親子調査Wave1,Wave4の居住都道府県データを1368,1369で提供
・親子調査Wave4確定 高校偏差値データを1370で提供