University of Tokyo
Output Search

Display All:
Survey Number:
Survey Title:
Output Title(Title):
Author Name:
Year:
FROM: TO:

Sort by:

<< < 1 > >> Total: 16

− List of Usage Output −
Output Title(Title) Author Name Title of Journal or Publication, Publisher name, etc. Year and Month of Presentation Survey Number
四大卒妻の労働時間,雇用形態および主観的幸福度に関する ジェンダー・アイデンティティ仮説の検証 安藤潤 佛教大学『社会学部論集』第74号 2022/03 1164
1227
1279
1349
Impact of the extent telework effect on employee job satisfaction and labor productivity Kazunori Minetaki Kindai Management Review 2021/04 1088
1164
1227
1279
データで読み解くポストコロナへの人財戦略 ー FLAP サイクル実現に向けて 山藤昌志、宮下友海、西澤和也 三菱総合研究所 2021/04 1164
1227
1279
1349
テレワーク導入・実施状況の分析と今後の政策の方向性について 柴田 剛希 政策研究大学院大学まちづくりプログラム修士論文 2021/03 1164
1227
1279
『「副業」の研究』 川上淳之 慶應義塾大学出版会 2021/03 0535
0629
1088
1164
1165
1227
1228
1279
1280
若年期の教育訓練が賃金に与える効果 Tumen Anar 中央大学大学院研究年報・中央大学経済学研究科編 2020/10 1088
1164
1165
1227
1228
目指すべきポストコロナ社会への提言 武田洋子,木根原良樹,山藤昌志,猪瀬淳也,森重彰浩,他 三菱総合研究所 2020/10 1164
1227
1279
雇用セーフティネットと日本の雇用保険制度ー非正規雇用の問題と雇用保険二事業に着目して― 高橋 勇介 第24回日本公共政策学会 2020/06 1164
「出産離職後の再就職-職種と就業形態に着目して-」 小松恭子 『人間文化創成科学論叢』第22巻 2020/03 1088
1164
1227
規模別・業種別に見た労働組合による長時間労働の是正 尾上祥平, 青木彩耶, 小谷涼, 坪内天洋, 藤堂颯, 丸山桜河 ISFJ2019政策フォーラム(報告) 2020/01 1088
1164
1227
働きたい人が働くことのできる社会を目指して〜若年無業者への支援策〜 上谷草太,中條宏紀,中山拓紀,矢花康晃 ISFJ日本政策学生会議 2019/12 1088
1164
1227
Mechanisms to improve labor productivity by performing telework Sachiko Kazekami Telecommunications Policy 2019/09 1164
1227
1228
非正規雇用から正規雇用への移行とその要因 高橋 勇介 日本経済政策学会『経済政策ジャーナル』第15巻第2号 2019/03 1164
労働時間規制適用除外者のメンタルヘルス~高度プロフェッショナル制度導入を受けて~ 正田和己 『2018年度法経連携専門教育プログラム修了研究論文集』神戸大学法経連携専門教育プログラム 2019/03 1088
1164
キャリア展望を描くために必要なリフレクションとはどうあるべきか? ―働き方改革研究センター調査結果から労働者とマネージャの視点で5つのリフレクションの構成要素を考える 伊藤健二 働き方改革研究センター・スクール第4回(講演) 2018/12 1164
非正規雇用から正規雇用への移行要因-『全国就業実態パネル調査』を用いた分析- 高橋 勇介 京都大学経済研究所 KIER Discussion Paper Series, No.1803. 2018/08 1164

<< < 1 > >> Total: 16