University of Tokyo
Output Search

Display All:
Survey Number:
Survey Title:
Output Title(Title):
Author Name:
Year:
FROM: TO:

Sort by:

<< < 1 > >> Total: 13

− List of Usage Output −
Output Title(Title) Author Name Title of Journal or Publication, Publisher name, etc. Year and Month of Presentation Survey Number
四大卒妻の労働時間,雇用形態および主観的幸福度に関する ジェンダー・アイデンティティ仮説の検証 安藤潤 佛教大学『社会学部論集』第74号 2022/03 1164
1227
1279
1349
テレワーク実施可能性における格差:新型コロナウイルス感染症流行前後の時系列比較 麦山亮太・小松恭子 JILPT Discussion Paper Series 2022/02 1227
1279
1349
1429
テレワーク実施可能性における格差:新型コロナウイルス感染症流行前後の時系列比較 麦山亮太, 小松恭子 JILPTディスカッションペーパー22-SJ-01 2022/02 1227
1279
1349
1429
コロナ禍の下での自営業層の階層移動 三輪哲 『日本政策金融公庫論集』第54号 2022/02 1088
1279
1349
1350
1429
1430
フリーランスの家族形態と生活リスクー全国就業実態パネル調査を用いた潜在クラス分析ー 唐津 周平 経済社会学会年報 Vol.43 2021/09 1279
労働市場における正規雇用への移行と諸要因ー初職と転職経路などに着目してー 高橋 勇介 日本公共政策学会第25回大会 2021/06 1279
労働者の正規雇用への移行とその背景 高橋 勇介 社会政策学会第142回大会 2021/05 1279
Impact of the extent telework effect on employee job satisfaction and labor productivity Kazunori Minetaki Kindai Management Review 2021/04 1088
1164
1227
1279
データで読み解くポストコロナへの人財戦略 ー FLAP サイクル実現に向けて 山藤昌志、宮下友海、西澤和也 三菱総合研究所 2021/04 1164
1227
1279
1349
テレワーク導入・実施状況の分析と今後の政策の方向性について 柴田 剛希 政策研究大学院大学まちづくりプログラム修士論文 2021/03 1164
1227
1279
『「副業」の研究』 川上淳之 慶應義塾大学出版会 2021/03 0535
0629
1088
1164
1165
1227
1228
1279
1280
男女の賃金格差の要因分解 -学歴の影響に注目して- 小池裕子 『全国就業実態パネル調査を用いた、就業や所得、学び、生活に関する実態と変化に関する2次分析』SSJ Data Archive Research Paper Series No.76 ,東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター 2021/03 1279
目指すべきポストコロナ社会への提言 武田洋子,木根原良樹,山藤昌志,猪瀬淳也,森重彰浩,他 三菱総合研究所 2020/10 1164
1227
1279

<< < 1 > >> Total: 13