University of Tokyo
Output Search

Display All:
Survey Number:
Survey Title:
Output Title(Title):
Author Name:
Year:
FROM: TO:

Sort by:

<< < 1 > >> Total: 45

− List of Usage Output −
Output Title(Title) Author Name Title of Journal or Publication, Publisher name, etc. Year and Month of Presentation Survey Number
男女の所得格差は何が問題なのか? 高須百華 大和総研ウェブサイト 2024/05 1164
1227
1279
1349
1429
1523
1598
Work from Home and Human Capital Investment Hiroyuki Motegi, Masato Oikawa The Social Science Research Network (SSRN) 2024/05 1164
1227
1279
1349
1429
1523
“転勤妻”の手助けに 川崎の女性らがサポートブック作成 野崎華世 NHK横浜放送局ホームページ 2024/04 1088
1164
1227
1279
1349
1429
起業におけるスキル多様性と副業経験に関する実証研究 熊田和彦 学位論文(博士) 2024/03 0826
1164
1227
1279
1349
1429
新型コロナによるワークライフバランスへの影響-男女間格差を中心とした分析 肖明芳 一橋大学経済学研究科 2024/01 1279
1349
1427
1429
残業時間規制の効果検証と課題(詳細版) 新田尭之 大和総研レポート 2023/12 1088
1164
1165
1227
1228
1279
1280
1349
1350
1429
1430
1439
1440
1441
1523
1524
フリーランスの継続と転職の要因に関する考察 唐津 周平 経済社会学会年報 2023/09 1227
1279
1280
1349
1350
1429
1430
労働者の心身の健康問題の諸要因について―労働条件や働き方に着目して― 高橋勇介 日本経済政策学会『経済政策ジャーナル』20(1) 2023/09 1088
1164
1227
1279
1349
1429
労働市場政策と労働者の心身の健康について 高橋勇介 日本公共政策学会関西支部第16回研究大会 2023/09 1088
1164
1227
1279
1349
1429
Re-evaluating the challenge–hindrance framework: a longitudinal analysis of the between and within effects of challenge stressors Megumi Ikeda, Nobutada Yokouchi Joint Congress of the International Commission on Occupational Health – Work Organization and Psychosocial Factors (ICOH-WOPS) & Asia Pacific Academy for Psychosocial Factors at Work (APA-PFAW) 2023/09 1088
1164
1227
1279
1349
1429
Impact of vertical and horizontal mismatches on earnings among highly educated employees in Japan 武内真美子 International Journal of Educational Research Open, ELSEVIER 2023/07 1088
1164
1227
1279
1349
労働時間のウェルビーイングへの影響度に関する教員と他職種の比較 神林寿幸, 廣谷貴明, 青木栄一 日本教育経営学会第63回大会 2023/06 1279
1349
1429
1523
就職氷河期世代支援プログラムに関する実証分析 武内真美子 日本労務学会第53回全国大会報告集 2023/06 1088
1164
1227
1279
1349
1429
1523
労働者の心身の健康問題の諸要因について 高橋勇介 社会政策学会第146回大会 2023/06 1088
1164
1227
1279
1349
1429
起業における副業経験の効果 ―副業起業に着目した実証研究― 熊田和彦 日本労務学会誌 Vol. 24 No. 1 2023/06 1164
1227
1279
1349
1429
パラレルキャリアのススメ、1000 人いれば 1000 通りの働き方がある ~ 副業・兼業やリカレント教育による Well-being への影響について ~ 中尾 寿孝 早稲田大学 リポジトリ 2023/03 1088
1164
1227
1279
1349
1429
1430
大学生の特定扶養控除が 就業に及ぼす影響 前原志信・山川陽生・伊藤大尊・寺澤昂幸 ISFJ2022 政策フォーラム発表論文 2023/02 1088
1164
1227
1279
1349
1384
日本における仕事の安定性と雇用区分の関係ー認識と現実 李慧慧, 田中喜行, 勇上和史 国民経済雑誌 2023/01 1088
1164
1227
1279
1349
PY110
PM110
1429
日本における仕事の安定性と雇用区分の関係-認識と現実 李 慧慧 , 田中 喜行 , 勇上 和史 国民経済雑誌 2023/01 1088
1164
1165
1227
1228
1279
1280
1349
1350
PY110
PM110
1429
1430
1439
1440
1441
日本における仕事の安定性と雇用区分の関係—認識と現実 李慧慧,田中喜行,勇上和史 国民経済雑誌 第227巻第1号 2023/01 1088
1164
1165
1227
1228
1279
1280
1349
1350
PY110
PM110
1429
1430
1439
1440
1441
短時間勤務制度による「小1の壁」の解消 藤田 佳乃、夏 葳怡、五條 杏香、近藤 美月、水野 直、吉澤 一希 ISFJ2022政策フォーラム(報告) 2022/12 1088
1164
1227
1279
1349
1429
性別職域分離構造下における専門職のキャリア形成の性差 池田岳大 キャリアデザイン研究(日本キャリアデザイン学会) 2022/10 1088
1164
1227
1279
1349
1429
高年齢フリーランスの所得保障に関する課題-公的年金受給額と世帯貯蓄残高を中心とした比較分析- 唐津 周平 経済社会学会年報Vol.44 2022/09 1279
男女間賃金格差の国際比較と日本における要因分析 山本高大、桃田翔平、笹間美桜、網谷理沙、玄馬宏祐、鶴岡将司 「仕事・働き方・賃金に関する研究会― 一人ひとりが能力を発揮できる社会の実現に向けて」報告書 2022/09 1164
1227
1279
1349
1429
COVID-19流行禍におけるテレワークの関連要因:二次分析による探索的検討 秋保亮太 産業・組織心理学会 第37回大会 発表論文集 2022/09 1088
1164
1227
1279
1280
1349
1350
1429
1430
労働市場における正規雇用への移行とその背景-初職と転職経路に着目して- 高橋勇介 日本経済政策学会『経済政策ジャーナル』19(1) 2022/08 1279
テレワークがもたらした影響―COVID-19が働き方や生活の何を変えたのか?― 三ツ松洋, 和泉吉平, 笠原凱, 齊藤真穂, 坂本和靖 群馬大学大学院社会情報学研究科・社会情報学部 2022年度データ解析プロジェクト成果報告会 2022/07 1088
1164
1227
1279
1349
1429
1439
1440
1441
男女間賃金格差の国際比較と日本における要因分析 山本高大,桃田翔平,笹間美桜,網谷理沙,玄馬宏祐,鶴岡将司 「仕事・働き方・賃金に関する研究会― 一人ひとりが能力を発揮できる社会の実現に向けて」報告書 2022/06 1088
1164
1227
1279
1349
1429
四大卒妻の労働時間,雇用形態および主観的幸福度に関する ジェンダー・アイデンティティ仮説の検証 安藤潤 佛教大学『社会学部論集』第74号 2022/03 1164
1227
1279
1349
Analysis of gender differences within professions using the JPSED Takehiro Ikeda,Satoshi Miwa CSRDA Discussion Paper Series 2022/03 1088
1164
1227
1279
1349
1429
日本における賃金格差の決定要因 ―より正確な労働経験年数を用いた推計― 野崎宇一朗 財政経済理論論文集 2022/03 1088
1164
1227
1279
1349
1350
テレワーク実施可能性における格差:新型コロナウイルス感染症流行前後の時系列比較 麦山亮太・小松恭子 JILPT Discussion Paper Series 2022/02 1227
1279
1349
1429
テレワーク実施可能性における格差:新型コロナウイルス感染症流行前後の時系列比較 麦山亮太, 小松恭子 JILPTディスカッションペーパー22-SJ-01 2022/02 1227
1279
1349
1429
コロナ禍の下での自営業層の階層移動 三輪哲 『日本政策金融公庫論集』第54号 2022/02 1088
1279
1349
1350
1429
1430
雇用ミスマッチの解消 須藤健和、兼保翔太、室井俊佑、松島健太、蛭間健志、宮野凌我 ISFJ日本政策学生会議政策フォーラム発表論文 2021/12 1164
1227
1279
1349
父親の家事・育児が母親の就業行動に与える影響の 実証分析~母親が希望する働き方で働ける社会の実現~ 熊野みゆう、高木龍二、武田尽生、中野咲希、山口祐歩、来須航世 SFJ日本政策学生会議「政策フォーラム2021」 2021/12 1279
フリーランスの家族形態と生活リスクー全国就業実態パネル調査を用いた潜在クラス分析ー 唐津 周平 経済社会学会年報 Vol.43 2021/09 1279
労働市場における正規雇用への移行と諸要因ー初職と転職経路などに着目してー 高橋 勇介 日本公共政策学会第25回大会 2021/06 1279
労働者の正規雇用への移行とその背景 高橋 勇介 社会政策学会第142回大会 2021/05 1279
Impact of the extent telework effect on employee job satisfaction and labor productivity Kazunori Minetaki Kindai Management Review 2021/04 1088
1164
1227
1279
データで読み解くポストコロナへの人財戦略 ー FLAP サイクル実現に向けて 山藤昌志、宮下友海、西澤和也 三菱総合研究所 2021/04 1164
1227
1279
1349
テレワーク導入・実施状況の分析と今後の政策の方向性について 柴田 剛希 政策研究大学院大学まちづくりプログラム修士論文 2021/03 1164
1227
1279
『「副業」の研究』 川上淳之 慶應義塾大学出版会 2021/03 0535
0629
1088
1164
1165
1227
1228
1279
1280
男女の賃金格差の要因分解 -学歴の影響に注目して- 小池裕子 『全国就業実態パネル調査を用いた、就業や所得、学び、生活に関する実態と変化に関する2次分析』SSJ Data Archive Research Paper Series No.76 ,東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター 2021/03 1279
目指すべきポストコロナ社会への提言 武田洋子,木根原良樹,山藤昌志,猪瀬淳也,森重彰浩,他 三菱総合研究所 2020/10 1164
1227
1279

<< < 1 > >> Total: 45