University of Tokyo
Output Search

Display All:
Survey Number:
Survey Title:
Output Title(Title):
Author Name:
Year:
FROM: TO:

Sort by:

<< < 1 2 3 4 5 6 7 > >> Total: 1575

− List of Usage Output −
Output Title(Title) Author Name Title of Journal or Publication, Publisher name, etc. Year and Month of Presentation Survey Number
就職氷河期世代の主観的幸福度に関する実証分析 岡村 和明 関西学院大学経済学部『経済学論究』 2022/12 1117
New Horizontal Inequalities in Japanese Education? Examining Socioeconomic Selectivity in Pre-College Study Abroad Intent and Participation. Steve R. Entrich and Sho Fujihara Research in Social Stratification and Mobility 2022/10 0907
労働者の属性別に見た転職移動の傾向について 髙橋拓也 労働政策研究報告書 2022/09 1088
1164
1227
退学や留年を考慮した大学教育の収益率-社会科学系学部のケース- 清水一,野村友和 大学経営政策研究 第12号 2022/09 1088
1164
1227
男女間賃金格差の国際比較と日本における要因分析 山本高大、桃田翔平、笹間美桜、網谷理沙、玄馬宏祐、鶴岡将司 「仕事・働き方・賃金に関する研究会― 一人ひとりが能力を発揮できる社会の実現に向けて」報告書 2022/09 1164
1227
1279
1349
1429
Relationships between Food Production Experience and the Behavior, Attitude, and Knowledge of Dietary Recommendations among Japanese Adults: A Cross-Sectional Study Daisuke Machida Nutrients 2022/09 1359
農林漁業体験への参加希望者はどのような体験を望んでいるのか?-属性等による比較- 町田大輔 Jxiv 2022/09 1359
農林漁業体験と食知識・意識:横断研究 町田大輔 第69回栄養改善学会学術総会講演要旨集 2022/09 1359
Effects of the COVID-19 Pandemic on Dietary Practices for Mothers in Japan wu, L., Wu, M., Ishida, A. Women, 2(3) 2022/09 1169
1229
1294
1351
1433
「共働きの母親における相対的資源と稼得役割」 中川 まり 『大妻女子大学家政系研究紀要』 2022/08 1139
中小企業における「貸し渋り」について―運転資金と設備資金との違いに考慮して― 岡本 弥,石田裕貴 神戸学院経済学論集 2022/08 0270
働く女性の自己学習―特性としての〈制約〉と〈複合学習本位制〉 濱中淳子 高等教育研究 2022/08 1354
労働市場における正規雇用への移行とその背景-初職と転職経路に着目して- 高橋勇介 日本経済政策学会『経済政策ジャーナル』19(1) 2022/08 1279
The role of social resources and trajectories of functional health following stroke Takeshi Nakagawa, Taiji Noguchi, Ayane Komatsu, Tami Saito Social Science & Medicine 2022/08 0395
0679
0823
1185
コロナ禍における人々の生活満足度 峰滝和典 情報経営 第83回全国大会予稿集 June 2022 2022/07 1460
行事食の喫食に関する研究 石田章,濱口佳大,岡本美咲 開発学研究,33(1) 2022/07 1324
Determinants of academic achievement in Japanese university students: gender, study skills, and choice of university 武内真美子 SN social sciences 2022/06 0721
社会科学のための統計学入門 毛塚和宏 講談社 2022/06 PY010
1417
家計の食品ロスの発生要因に関する分析 中村一貴,小嶋大造,安藤光義 農業経済研究 2022/06 1169
1229
1294
農林漁業体験への参加希望者はどのような体験を望んでいるのか? -属性による比較- 町田大輔 2022 年度日本フードシステム学会大会報告要旨集 2022/06 1359
大学入試方法による学生の違い―出身高校ランクによる異質性 小野塚祐紀 日本労働研究雑誌 2022/05 0721
大学生の就職活動に関する実証分析 東陽平 日本経済政策学会 第79回全国大会 名古屋学院大学 2022/05 1135
1252
Do individuals have consistent risk preferences across domains?: evidence from the Japanese insurance market Fujii Yoichiro, Noriko Inakura Journal of Applied Economics 2022/04 0890
親子関係とお小遣い 松田典子 生活科学研究 第44集 2022/03 1050
大学院生の悩みとメンタルヘルス−−ジェンダーの観点からの統計分析と支援策の検討 坂無淳 福岡県立大学人間社会学部紀要 30巻2号 2022/03 1155
小学校から高等学校の女子におけるアピアランス懸念とダイエット行動および心身のネガティブな健康状態との関連―社会調査データの二次分析による検討― 鈴木公啓 容装心理学研究 2022/03 0970
若年時のコミュニケーション能力は初期キャリアにおける地位に影響を及ぼすのか? 妹尾麻美 文化情報学 Vol.17 No.1・2 合併号 2022/03 1079
What Causes Household Food Loss in Japan? Nation-wide and Region-specific Contributing Factors in Urban and Rural Areas Kazuki Nakamura, Daizo Kojima, Mitsuyoshi Ando sustainability 2022/03 1169
1229
1294
老後生活費への不安感の要因分析 大塚忠義、谷口豊 生活経済研究 第55巻 2022/03 0577
0775
0890
1132
コロナ禍における大学生の学習意欲に関する研究 中村周史 総合政策研究 第30号 2022/03 1360
1389
参加日数によるインターンシップの効果 -工学系分野の大学院生を対象に- 坂巻文彩 工学教育 2022/03 1252
リレーションシップバンキングにおける人的つながりと担保の関係性 岡本 弥, 石田裕貴 神戸学院経済学論集 2022/03 0540
運動行動の社会的効果と規定要因――生活習慣病による死亡,労働環境に着目して 原 大滋,福田 隆巳 青森中央学院大学地域マネジメント研究所 研究年報 第18号 2022/03 0696
中小企業の事業承継とイノベーション 中井透 福岡大学商学論叢 第66巻第4号 2022/03 0690
新制中学校黎明期中卒者における中学校の選択科目と成績が果たした役割―ー1953年神奈川県新規学卒者(中卒)労働市場調査の再分析を手がかりに 相澤 真一 上智大学教育学論集 2022/03 0001
Psychosocial Changes during the COVID-19 Pandemic on Student and Adult Populations in Japan Hachiro UCHIYAMA, Chigusa UCHIUMI, Hiroki INOUE 第10回 日本国際教養学会 全国大会 2022/03 1389
Life Satisfaction Approachを用いたソーシャル・サポートの価値評価の試み 要藤正任, 打田篤彦 日本社会関係学会第2回研究大会 2022/03 1188
1189
二次分析/1 大高 瑞郁 やってみよう!実証研究入門 2022/03 0850
高校生の「海外留学/勤務」志向の規定要因―進路選択とジェンダーとの関連を中心に 太田知彩 『異文化間教育』第55号 2022/03 0873
四大卒妻の労働時間,雇用形態および主観的幸福度に関する ジェンダー・アイデンティティ仮説の検証 安藤潤 佛教大学『社会学部論集』第74号 2022/03 1164
1227
1279
1349
労働者の心身の健康と幸福についての考察 高橋勇介 日本社会関係学会第2回研究大会 2022/03 1227
Factors Affecting Workers' Physical and Mental Health and Life Satisfaction: An Examination of a Subjective Welfare Index 高橋勇介 愛媛大学経済学会『愛媛経済論集』第41巻第2・3号 2022/03 1227
犯罪不安を規定する要因 : 「第5回社会生活における不安感に関するアンケート(犯罪に対する不安感に関する調査)」の二次分析 鐘宇翎 熊本大学社会文化研究 2022/03 1091
母親の就労と学校外教育利用――子どもの成長を考慮したパネルデータ分析より 鎌田健太郎 2021年度参加者公募型二次分析研究会 「子どもの生活と学びに関する親子調査」(パネル調査)を用いた親子の成長にかかわる要因の二次分析研究成果報告書 2022/03 1363
1368
1369
高校生の部活動参加の拡大と学習行動の変容:学校ランクと社会階層に注目した1990年・2006年調査の比較分析 加藤一晃 教育学研究,第89巻第1号 2022/03 0712
0728
両親の帰宅時間が子どもの成績や母親の両立葛藤に与える影響 ―「仕事と教育の両立」問題の実証的研究─ 中野円佳 「子どもの生活と学びに関する親子調査」(パネル調査)を用いた親子の成長にかかわる要因の二次分析 研究成果報告書 2022/03 1363
若年層の「学校に通う意義」の認識から見る教育システムの検討――中退者および各国の若年層との比較を通して 小山田建太 共生教育学研究 2022/03 1302
出身階層と高校生アルバイト ─高校生アルバイトの規定要因と学習時間への影響─ 鈴木健一郎 2021年度参加者公募型二次分析研究会 「子どもの生活と学びに関する親子調査」(パネル調査) を用いた親子の成長にかかわる要因の二次分析研究成果報告書 2022/03 1363
1370
幼少期の経験・家庭環境が将来的な理科学習の興味に及ぼす影響に関するモデル分析 松浦拓也,中村大輝,堀田晃毅 学校教育実践学研究 2022/03 1363
幼児教育の形態がその後の理数学力に及ぼす因果効果の検討 中村大輝,松浦拓也 日本科学教育学会研究会研究報告 2022/03 1363
幼少期の自然体験が理科学習への態度に及ぼす影響 中村大輝,松浦拓也 日本科学教育学会研究会研究報告 2022/03 1363
国私立中学校進学における不平等生成過程: 階層効果の分解による受験格差と進学格差の分析 濱本真一 応用社会学研究・立教大学社会学部 2022/03 0906
0907
テレワーク実施可能性における格差:新型コロナウイルス感染症流行前後の時系列比較 麦山亮太・小松恭子 JILPT Discussion Paper Series 2022/02 1227
1279
1349
1429
Ideological Extremism and Political Participation in Japan Asano Taka-aki Social Science Japan Journal Vol. 25, No. 1 2022/02 0530
0999
テレワーク実施可能性における格差:新型コロナウイルス感染症流行前後の時系列比較 麦山亮太, 小松恭子 JILPTディスカッションペーパー22-SJ-01 2022/02 1227
1279
1349
1429
コロナ禍の下での自営業層の階層移動 三輪哲 『日本政策金融公庫論集』第54号 2022/02 1088
1279
1349
1350
1429
1430
就職活動期間に関するCox比例ハザードモデルを用いたサバイバル分析 東陽平 商学研究論集 第56号 明治大学大学院商学研究科 2022/02 1252
大学進学にともなう地域移動 遠藤健 東信堂 2022/02 1088
農村労働力移動の日中比較―世帯所得格差と世代間移動を中心に― 李谡焓 日中社会学会 2022/02 0759
0760
0761
0762
0763
0764
Impact of the Changes in the Frequency of Social Participation on All-Cause Mortality in Japanese Older Adults: A Nationwide Longitudinal Study Keiichi Shimatani, Mayuko T. Komada, Jun Sato International Journal of Environmental Research and Public Health 2022/01 0395
0679
0823
1185
Aging-in-place preferences and institutionalization among Japanese older adults: a 7-year longitudinal study Takeshi Nakagawa, Taiji Noguchi, Ayane Komatsu, Masumi Ishihara, Tami Saito BMC Geriatrics 2022/01 0823
1185
学校でのいじめ被害と成人後に相談相手がいないこととの関連 平光良充 厚生の指標 69(1) 2022/01 PM010
PY010
高度外国人材の定着に対する就労環境の影響 尹 諒重 社会環境学へのアプローチとその展望 2022/01 1231
Chapter 8: Changes in Religiosity in the World’s and Japanese Modernizing Societies: Convergence and Divergence of Religiosity in (Un)consciousness Koki Shimizu Modernization in Asia: The Environment/Resources, Social Mobilization, and Traditional Landscapes Across Time and Space in Asia, World Scientific Pub Co Inc 2022/01 0814
Determinants of job interestingness: Comparison of Japan and other high-income countries Yoko Asuyama Labour Economics, Volume 73, December 2021 2021/12 PY090
PM090
未婚者の結婚意思と婚活の決定要因に関する計量的研究 島袋友美・衣笠智子 国民経済雑誌 2021/12 0984
民事裁判に対する満足度および信頼度の要因分析 幸田功、岡本弥、三宅敦史 神戸学院経済学論集 2021/12 0858
主観的健康感と食要因との関連性における年代と性別による相違 石井 陽子, 石井 遥 日本未病学会雑誌 2021/12 1294
大学院の修了が就職後の知識・能力に与える影響ー業務外学習時間と就職先の職種に着目して 木村弘志, 井芹俊太郎 大学教育学会誌 43(2) 2021/12 1046
民間介護保険の需要決定要因 新井 一通, 小坂 雅人, 近藤 正英 第80回日本公衆衛生学会総会 2021/12 1329
Factors Influencing Sexual Satisfaction in Men and Women: A Study in Japan Aguru Ishibashi The Senshu Social Well-being Review 2021/12 0526
教員が望む教育現場の実現―労働環境に潜む負のループの要因分析― 古賀一星、木庭憲誠、德永千晴、西川綾菜 ISFJ日本政策学生会議 奨励賞受賞論文 2021/12 1258
観光振興による観光需要の平準化 牛田遥香、中山輝、柳田綾香 ISFJ日本政策学生会議 分科会賞受賞論文 2021/12 1008
1009
1010
訪問介護職員の早期離職率低下のために 松本侑己, 生田淳之介, 平間結, 村山春香 WEST論文研究発表会、ISFJ日本政策学生会議での発表論文 2021/12 1312
雇用ミスマッチの解消 須藤健和、兼保翔太、室井俊佑、松島健太、蛭間健志、宮野凌我 ISFJ日本政策学生会議政策フォーラム発表論文 2021/12 1164
1227
1279
1349
正規雇用の促進による母子家庭に対する経済援助政策 大橋拓真、磯部輝、関山夏生、井上諒生、野倉隼人、竹下恭平 ISFJ日本政策学生会議政策フォーラム発表論文 2021/12 1349
アドベンチャーツーリズムの推進策 関根陸斗、浜崎賢、隼田亮 ISFJ日本政策学生会議政策フォーラム発表論文 2021/12 1010
父親の家事・育児が母親の就業行動に与える影響の 実証分析~母親が希望する働き方で働ける社会の実現~ 熊野みゆう、高木龍二、武田尽生、中野咲希、山口祐歩、来須航世 SFJ日本政策学生会議「政策フォーラム2021」 2021/12 1279
親の人間関係についての悩みと子どもの人間関係に対する期待との関連 : 母親に対する調査データの2次分析から 石橋優美, 鈴木豪 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 2021/12 0723
親の人間関係についての悩みと子どもの人間関係に対する期待との関連 : 母親に対する調査データの2次分析から 石橋優美,鈴木豪 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 2021/12 0723
Determinants of Job Interestingness: Why Are There Fewer Interesting Jobs in Japan? Yoko Asuyama 第15回応用計量経済学コンファレンス(2020年11月21日開催)研究報告 2021/11 PY090
PM090
学校年代の子どもの自殺を読み解く:背景にある格差への注目 平野孝典 金澤ますみ,長瀬正子,山中徹二編『学校という場の可能性を追究する11の物語:学校学のことはじめ』明石書店 2021/11 1050
過去の経験が高齢期の社会的排除に与える影響: 人生序盤の困難が生み出す長期的なリスクに着目して 百瀬由璃絵 社会学研究 (106) 2021/11 0395
0679
0823
夫婦の勢力関係の計量分析 永瀬 圭 第94回日本社会学会大会 2021/11 0050
高齢者の就業と今後の働き方について 中邑颯汰, 福田唯花, 林祐輝, 惠津彩奈, 佐藤充輝, 殿迫謙太朗 ISFJ2021 政策フォーラム発表論文 2021/11 0548
学力格差是正における学校外での諸活 動の要因分析と政策 越智 雅彦, 金森 光紀, 森 亮太朗, 渡邊 綾 ISFJ政策フォーラム発表論文 2021/11 0907
Microdata analysis about the efects of health status and bequest motive on the elderly household assets in Japan KOJI YASUDA International Journal of Economic Policy Studies, 1-15 2021/10 1185
事業承継と新旧経営者による個人保証の提供 岡本弥、幸田功、三宅敦史 神戸学院経済学論集 2021/10 0587
「第3章 教育は階層社会の現実から切り離せない」「おわりに:唯一の現実的な「希望」として」 松岡亮二 現場で使える教育社会学:教職のための「教育格差」入門 2021/10 0500
0550
0600
0800
0850
0836
1000
未婚者の居住事情と少子化問題について 李擎月 『文化』東北大学文学会 2021/10 1213
親の離婚が子どもの初婚タイミングに及ぼす影響 とそのメカニズム 渡辺泰正 理論と方法 2021/10 PY090
PM090
War, democratization, and generational cohort effects on participation in Japan Rieko Kage Electoral Studies 2021/10 0814
1119
親の教育アスピレーションと教育期待における階層差 須永大智 家族社会学研究 2021/10 0836
フリーランスの家族形態と生活リスクー全国就業実態パネル調査を用いた潜在クラス分析ー 唐津 周平 経済社会学会年報 Vol.43 2021/09 1279
投票所閉鎖時刻繰り上げと投票率・各党得票率の関係 福元健太郎, 菊田恭輔 選挙研究、第37巻第1号 2021/09 0752
0904
0905
0992
0999
1248
ひとり親世帯出身者の男女格差ー教育達成と教育達成を取り巻く社会意識に着目してー 吉川錬太郎 第73回日本教育社会学会大会 2021/09 0517
0764
0817
夫婦関係を親密性研究の観点から捉えるーー潜在クラス分析によるアプローチ 毛塚和宏 社会と調査 2021/09 0386
海外勤務、留学、外国人とのコミュニケーション能力、英語力が高学歴雇用者の年収に与える影響 武内真美子 キャリアデザイン研究Vol.17 2021/09 0870
職場内での性的マイノリティに関する差別的言動と性的マイノリティの自殺関連行動との関連 平光良充 自殺予防と危機介入 第41巻第2号 2021/09 1296
学校でのいじめ被害経験と若年成人期のメンタルヘルス不調との関連 平光良充 名古屋市衛生研究所報 67;p65-68(2021) 2021/09 PM010
PY010

<< < 1 2 3 4 5 6 7 > >> Total: 1575