University of Tokyo
Output Search

Display All:
Survey Number:
Survey Title:
Output Title(Title):
Author Name:
Year:
FROM: TO:

Sort by:

<< < 1 2 3 4 5 6 7 > >> Total: 1111

- List of Usage Output -
Output Title(Title) Author Name Title of Journal or Publication, Publisher name, etc. Year and Month of Presentation Survey Number
出身階層の資本構造と高校生の進路選択 古田和久 社会学評論 第69巻第1号 2018/06 0873
現代日本におけるMotherhood Penaltyの検証 竹内麻貴 『フォーラム現代社会学』第17号 2018/05 PY070
PM070
介護不安と介護資金準備状況 村松容子 季刊 個人金融2018春 2018/05 1132
What Do Microsimulations Tell Us about Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan? Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito and Masato Takara ESRI Discussion Paper Series No.343 2018/04 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan – A Microsimulation Approach – Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito and Masato Takara International Microsimulation Association, March 22, 2018, at International University of Health and Welfare, Narita Campus 2018/04 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Implications of Higher Education Financing Reform Options in Japan Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito, Masato Takara International Workshop "Financing Higher Education in Japan" on 4 Oct 2017 2018/04 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
高齢期における幸福感の安定性と変化 中川威 老年社会科学 2018/04 0395
0679
子どもの性別が親の政策支持・価値観に与える影響 湯川志保 行動経済学 第10巻大会特別号(第11回大会プロシーディングス) 2018/04 PY070
PM070
夫婦世帯年収の変化からみる階層結合の帰結 打越文弥 家族社会学研究 2018/04 PY070
PM070
改訂版 社会統計学入門 林拓也,石田光規,田辺俊介 放送大学教育振興会 2018/03 0500
青少年の性行動はどう変わってきたか - 全国調査にみる40年間 林雄亮、石川由香里、片瀬一男、土田陽子、苫米地なつ帆、俣野美咲、針原素子 ミネルヴァ書房 2018/03 1012
1013
1014
1015
1016
1017
一人暮らし高齢者の婚姻歴と社会的孤立 渡邉大輔 『成蹊大学文学部紀要』53 2018/03 0646
1055
介護職員処遇改善策は賃上げにつながらず 黒岩和輝 第44回中期経済予測「働き方」刷新で成長力を高めよ 2018/03 1062
1130
身体的特徴の自己認識といじめ被害傾向の関連性をめぐる小学生文化に関する一考察 鈴木 翔 東京大学大学院教育学研究科紀要,第57巻 2018/03 a171
Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan – A Microsimulation Approach – 河越正明,伊藤由樹子,高良真人 AESCS 2018 and IMA Asia-Pacific Regional Conference 2018/03 0500
0550
0600
0800
0850
1000
民事裁判における和解の現状──地域差と和解勧試に注目して 常松淳 豊田愛祥・太田勝造・林圭介・斎藤輝夫[編] 『和解は未来を創る──草野芳郎先生古希記念──』信山社. 2018/03 1041
Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan: A Microsimulation Approach 河越正明, 伊藤由樹子, 高良真人 IMA 2018/03 0500
0550
0600
0800
0850
1000
階層帰属意識の規定因としての所有耐久消費財再考 稲垣佑典 社会学研究 第101号 2018/03 0763
夫の家事・育児遂行が妻の夫婦関係満足度に及ぼす文脈効果:末子年齢・妻就業および幼児期育児遂行に着目して 吉田崇 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計・就業・子育てに関する二次分析 2018/03 0386
Validity of Stata at Micro Econometrics: The Case of Wage Recression of Care Workers Yoshimasa Kato 経済情報学研究 2018/02 0991
社会関係資本の地域分析 埴淵知哉(編) ナカニシヤ出版 2018/02 0850
サービスデータ解析入門-サービス価値を見出す統計解析- 椿美智子 オーム社 2018/02 0665
0666
0667
0668
サービスデータ解析入門 第3章 統計的問題解決3Step 椿美智子 オーム社 2018/02 b078
生活時刻変数のクリーニングと基礎的分析 柳下実,石田賢示 東京大学社会科学研究所 パネル調査プロジェクト ディスカッションペーパーシリーズ 2018/01 PY070
PM070
From measuring support for the death penalty to justifying its retention: Japanese public opinion surveys on crime and punishment, 1956-2014 Mai Sato In: Liu, J. and Miyazawa, S. (eds.) Crime and Justice in Contemporary Japan. Springer Series on Asian Criminology and Criminal Justice Research. Springer, Cham, Switzerland 2018/01 M140
What Do Microsimulations Tell Us about Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan? 河越正明,伊藤由樹子,高良真人 ESRI Discussion Paper 2018/01 0500
0550
0600
0800
0850
1000
What Do Microsimulations Tell Us about Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan? 河越正明, 伊藤由樹子, 高良真人 ESRI Discussion Paper 2018/01 0500
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Costs of Newly Launched Income Contingent Loans in Japan - A Microsimulation Approach - 河越正明,伊藤由樹子,高良真人 JCER Discussion Paper 2017/12 0500
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Costs of Newly Launched Income Contingent Loans in Japan - A Microsimulation Approach - Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito, Masato Takara JCER Discussion Paper No.146 2017/12 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Costs of Newly Launched Income Contingent Loans in Japan: A Microsimulation Approach 河越正明, 伊藤由樹子, 高良真人 JCER Discussion Paper 2017/12 0500
0550
0600
0800
0850
1000
Territorial Conflicts and Japanese Attitudes Towards East Asian Countries: Natural Experiments with Foreigners' Landings on Disputed Islands Akira Igarashi Political Psychology 2017/11 0981
親子の関わりが学力に与える影響 乾真彩,後白翼,杉山優佳,土屋明日香,堀尾周聖,宮由佳 ISFJ全国学生政策フォーラム発表論文 2017/11 0716
『不本意型』非正規雇用の活路 上大田菜々、佐々木香澄、真下由美、松永悠 ISFJ日本政策学生会議 2017/11 1088
日本における私的医療保険の需要決定要因 小坂雅人,近藤正英 医療経済研究 2017/10 0890
日本における私的医療保険の需要決定要因 小坂雅人, 近藤正英 医療経済研究, 29(1) 2017/10 0261
0890
データ分析をマスターする12のレッスン 畑農鋭矢, 水落正明 有斐閣 2017/10 0850
就業継続意向・雇用の不安定性は未婚女性の希望する結婚までの期間に影響を与えるか――結婚意識の期間的側面 柳下実,不破麻紀子 家族社会学研究 2017/10 PM050
PY050
當代日本人的婚戀對象偏好及其幸福觀。 周玉慧 「2016年愛情教育與研究:社會學與心理學的對話學術研討會」世新大學社會心理系主辦,台北:木柵。 2017/10 0985
0986
2009年度介護報酬改定が介護従事者の賃金、労働時間、離職率に与えた影響 上野綾子,濱秋純哉 医療経済研究 Vol.29 No.1 2017 2017/10 0541
0598
0607
0608
0609
0610
0692
0755
0818
0882
Fiscal Costs of Newly Launched Income Contingent Loans in Japan: A Microsimulation Approach 河越正明, 伊藤由樹子, 高良真人 Conference "Financing Higher Education in Japan" 2017/10 0500
0550
0600
0800
0850
『教育問題の「常識」を問い直す-いじめ・不登校から家族・学歴まで-』 須藤康介 明星大学出版部 2017/09 1000
「ものやサービスをつなぐ仕事~情報通信技術で活躍する人たち」 安田宏樹 『職業の経済学』(中央経済社)第4章 2017/09 0251
男女の職業分離の要因と結果 山口一男 『働き方の男女不平等』日本経済出版社 2017/08 0763
0764
プロパー大学職員の異動実態に関する研究―異動の頻度とパターンに注目して― 木村 弘志 大学行政管理学会誌 第21号 2017/08 0895
主観的幸福感の規定要因:JGSS(日本版General Social Surveys)データを用いた検討 浜橋侑希,鷲見克典 日本応用心理学会第84回大会 2017/08 0850
終わらざる「社会」の選択―「一九九〇年代」の散乱と回帰 仁平典宏 大澤聡編『1990年代論』河出書房新社 2017/08 0814
「リスク」としての性行動・ 「危険」としての性行動― ─ 避妊をめぐる男女の非対称性 片瀬一男 『東北学院大学論集」174 2017/07 1017
介護職員の介護福祉士資格取得行動と仕事の継続に関する分析 吉田和夫,水野利英 地域ケアリング Vol.19 No.7.2017 2017/07 0991
日本社会における仕事の価値の長期的な推移 田靡裕祐 日本労働研究雑誌 2017/07 0814
学力の獲得は平等なのか? 中西啓喜 半径5メートルから教育と社会を考える 2017/07 0763
Do Children's Allowances Motivate Them to Study Harder? Empirical Evidence from Japanese University Students Hiroko Araki 『行動経済学』 10 巻 2017/07 0399
0519
0562
0605
0664
小学校英語教育の効果に関する研究:先行研究の問題点と実証分析の可能性 豊永耕平,須藤康介 『教育学研究』、第84巻、第2号 2017/06 0725
係長への昇進におけるジェンダーと職場属性 村尾 祐美子 『大原社会問題研究所雑誌』704号、法政大学大原社会問題研究所 2017/06 PY070
学歴と企業規模から見た情報技術者の労働市場―初職からの離職行動に着目して― 西村健 日本労務学会誌 2017/06 0870
Economic Well-being of Middle-aged Single Women: Comparative Study with Single Men Kaoru Okaze Applied Ethics 2017/06 0339
東・東南アジア諸国における大卒労働者の賃金構造 冨田安信 『評論社会科学』(同志社大学)No.121 2017/05 0869
離死別者の親同居 不破麻紀子,柳下実 東京大学社会科学研究所パネル調査プロジェクト ディスカッションペーパーシリーズ 2017/05 PY070
PM070
Work values in tourism: Past, present and future Emmanouil Papavasileiou, Sean Lyons, Gareth Shaw, Anthimos Georgiou Annals of Tourism Research 64 (2017), Elsevier 2017/05 0629
SPSSによる実践統計分析 林雄亮,苫米地なつ帆,俣野美咲 オーム社 2017/05 PM060
PY060
日本人の政治的疎外意識:政治的有効性感覚のコーホート分析 伊藤理史 フォーラム現代社会学第16号 2017/05 0814
SPSSによる実践統計分析 林雄亮,苫米地なつ帆,俣野美咲 オーム社 2017/05 PM060
PY060
SPSSによる実践統計分析 林雄亮,苫米地なつ帆,俣野美咲 オーム社 2017/05 PM060
PY060
日本人の宗教意識に関する計量的研究―NHK『日本人の意識調査』データを用いたコウホート分析 清水香基 『次世代人文社会研究』第13号、 韓日次世代學術 FORUM 2017/04 0814
自営業層における職業による所得構造の趨勢ー専門職内部における格差 仲修平 東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブセンター リサーチペーパーシリーズ 2017/04 0761
0762
0763
0764
Three Years is Too Soon to Leave a Job: Event History Analysis on Job Mobility of Japanese Graduates in the First Three Years Masatake Hirono 第8回学生論文コンテスト 光石賞 2017/04 PY011
PY021
PY031
PY041
PY051
PY061
PY070
PY071
自分の生き方に自信のない母親 規定要因と考察 植村 理 KEIO SFC JOURNAL Vol.16 No.2 2017/03 a170
国立大学は推薦・AO入試によって「成績優秀な学生」を獲得できているのか?―エリートセクターにおけるマス選抜の導入 中西啓喜 高等教育ジャーナル-高等教育と生涯学習-第24号 2017/03 0892
Inequality of effort in an egalitarian education system Ryoji Matsuoka Asia Pacific Education Review 2017/03 0836
親の所得と大学進学率 野崎華世 『大学への教育投資と世代間所得移転』勁草書房 2017/03 0053
0078
0079
0080
0125
0126
0127
0128
0157
0201
0267
0292
0345
0399
0519
0562
0605
0664
0753
0812
0841
0879
0892
0955
奨学金と『不安』―奨学金受給者の意識が学生生活に与える影響― 井口実優、越智七海、岸田祐太、馴田裕紀 ISFJ日本政策学生会議政策フォーラム発表論文 2017/03 0892
戦後日本における高等教育中退への出身階層の影響 三輪哲・下瀬川陽 広島大学 高等教育研究開発センター 大学論集 第49集 2017/03 0500
0550
0600
0800
0850
PY040
PM040
戦後日本における高等教育中退への出身階層の影響 三輪哲・下瀬川陽 広島大学 高等教育研究開発センター 大学論集 第49集 2017/03 0500
0550
0600
0800
0850
PY040
PM040
社会運動参加の持続と変動(2) 栗田宣義 『甲南大學紀要 文学編』 第167号 2017/03 0530
女性教員の就業時間と持ち帰り仕事時間 岸 智子・村上 仁美 南山経済研究,第31巻,第3号 2017/03 0718
動機づけの葛藤は中学生の学業達成を抑制するか―社会調査データの二次分析から― 解良優基,石井僚,玉井颯一 パーソナリティ研究 2017/03 0716
出身大学の学校歴が初職に与える影響の再検討:大学での専攻分野に着目して 豊永耕平 2016年度 参加者公募型二次分析研究会 現代日本の格差と不平等に関するデータの二次分析 成果報告書 2017/03 0763
0764
大学生の階層的位置と食習慣 橋本健二 外山紀子・長谷川智子・佐藤康一郎編『若者たちの食卓』ナカニシヤ書店 2017/03 0201
0879
男性の仕事満足度に関する実証研究 大薗陽子 『城西現代政策研究』第10巻第1号 2017/03 0986
教育社会における機会の認知構造と格差 ――出身階層と学歴に着目して―― 山口泰史 2016 年度参加者公募型二次分析研究会 『現代日本の格差と不平等に関するデータの二次分析 研究成果報告書』 2017/03 0764
The Returns to Postgraduate Education 菅 史彦 ESRI Discussion Paper No.336 2017/03 0253
0380
0410
0535
0629
0782
0870
1046
配偶者選択方法の変化に関する計量分析:潜在クラス分析によるアプローチ 毛塚和宏 文化 2017/03 0600
キャリア志向の確立が大学職員の学習動機に与える影響の分析―専門的職員に求められる能力を対象として― 木村 弘志 大学アドミニストレーション研究 2017/03 0895
大学職員のキャリア志向が学習動機に与える影響の分析―「大学を理解するための知識」を対象として― 木村 弘志 大学経営政策研究 2017/03 0895
夫婦の母親との近居が有配偶女性の就業に及ぼす影響 千年よしみ 人口問題研究 2017/03 0817
日本の夫婦出生力の地域差 山内昌和 人口問題研究 2017/03 0191
0517
0763
0764
0817
0850
東アジアにおける教育達成と価値意識――日本・韓国・台湾の国際比較分析 福田亘孝・鳶島修治 東北大学大学院教育学研究科教育ネットワークセンター年報 2017/03 0600
ワーク・ライフ・バランスを実現する職場ー見過ごされてきた上司・同僚の視点 細見 正樹 大阪大学出版会 2017/02 0680
これが答えだ!少子化問題 赤川学 ちくま新書 2017/02 0764
0817
PM060
PY060
非正規雇用の現状と正規雇用への転換要因―『ワーキングパーソン調査』個票を用いた分析― 高橋勇介 京都大学経済研究所 KIER Discussion Paper Series,No.1605. 2017/02 0870
Online communication with strong ties and subjective well-being in Japan Kenichi Ishii Computers in Human Behavior 2017/01 0850
病気と社会的地位が従業員の精神的健康に与える影響 今井 裕紀 『慶應経営論集』34(1) 2017/01 0850
Another Work-Family Interface: Work Characteristics and Family Intentions in Japan Wei-hsin Yu and Janet C. Kuo Demographic Research 2017/01 PM060
PY060
義務教育段階における保護者の学校選択行動 山下絢 『教育学研究』 2016/12 b079
進学期待の階層差に関する媒介メカニズムの検討―中学生の学力自己評価に着目して― 鳶島修治 社会学年報 2016/12 0716
Effect of Demographic Factors on Satisfaction of Non-regular Employees: Focusing on the financial burden of a household Yutaka Ueda 成蹊大学経済学部論集第47巻第2号 2016/12 0870
The interaction effect of time beliefs and interests in learning on academic performance among Japanese junior high school students Ishii, R., Tamai, R., & Kera, M. Time and Society (SAGE journals) 2016/12 0716
男性の配偶者選択の基準に関する分析――社会経済的地位に注目して 永瀬 圭 京都社会学年報 2016/12 0984
The interaction effect of time beliefs and interests in learning on academic performance among Japanese junior high school students Ishii, R., Tamai, R., & Kera, M. Time and Society(SAGE journals) 2016/12 0716
主観的変数を導入した労働意欲の経済分析 萩原健太 関西学院経済研究第47号 2016/12 0422
介護労働者の離職を抑止する要因についての再考 加藤善昌 「経済情報学研究」, 姫路獨協大学 2016/11 0818

<< < 1 2 3 4 5 6 7 > >> Total: 1111