University of Tokyo
Output Search

Display All:
Survey Number:
Survey Title:
Output Title(Title):
Author Name:
Year:
FROM: TO:

Sort by:

<< < 2 3 4 5 6 7 8 > >> Total: 1576

− List of Usage Output −
Output Title(Title) Author Name Title of Journal or Publication, Publisher name, etc. Year and Month of Presentation Survey Number
多様性に開かれた子育て支援政策の可能性 ケアを行う母親のニーズから 仁科薫 国際ジェンダー学会2018年大会 2018/09 0836
親の関与と中学生の成績および進学期待に関する実証分析 大谷碧 日本教育社会学会第70回大会 2018/09 0836
職場のつながり,連帯感の希薄化がもたらす労働者への心理的影響 松本みゆき 労働の科学 2018/09 0850
食物選択動機による栄養成分表示利用の比較 小松美穂乃,赤松利恵 栄養学雑誌,Vol.76(5) 2018/09 0954
高校進学における学校外教育の効果 ――低階層の子どもたちの教育達成―― 眞田英毅 東北社会学会 2018/08 PY012
PM012
PY070
PM070
Japanese Society and Lay Participation in Criminal Justice: Social Attitudes, Trust, and Mass Media Masahiro Fujita Cham, Switzerland: Springer Verlag 2018/08 0800
0850
非正規雇用から正規雇用への移行要因-『全国就業実態パネル調査』を用いた分析- 高橋 勇介 京都大学経済研究所 KIER Discussion Paper Series, No.1803. 2018/08 1164
ソーシャル・サポート・システムにおける重要な他者の移行: シークエンス分析を用いた分析から 中田知生 数理社会学会第68回大会 2018/08 0679
0823
就業している独居高年齢者における日常生活に関する意識の特性 鈴木直子 厚生の指標 第65巻第7号 2018/07 1056
就業動機と賃金の関係における男女間の差異‐介護労働者を対象とした回帰分析‐ 加藤善昌 厚生の指標 2018/07 0991
グローバルな認知資産形成を阻害する日本の社会的インセンティブシステム 高桑 健太郎 情報社会学会誌 Vol13,No1 2018/07 0869
0951
Matsuyama University´s Statistical Studies (Using Annual Paid Vacation Research as the Basis for Student Development) Through the Use of a Student´s Graduation Thesis Results Go Igusa Journal of Education and Training Studies Vol 6, No 8 (2018) 2018/07 0776
出身階層の資本構造と高校生の進路選択 古田和久 社会学評論 第69巻第1号 2018/06 0873
Negative Mood, Hope for the Future and Social Capital among Young Japanese: A Secondary Analysis of Individual Data Tomomi Abe, Jun Aida, Ken Osaka School Health, 14 日本学校保健学会 2018/06 0909
大卒者における地域移動の収益率に関する研究-『全国就業実態パネル調査』(2016)の二次分析を中心に 遠藤健 日本高等教育学会第21回大会 2018/06 1088
現代日本におけるMotherhood Penaltyの検証 竹内麻貴 『フォーラム現代社会学』第17号 2018/05 PY070
PM070
介護不安と介護資金準備状況 村松容子 季刊 個人金融2018春 2018/05 1132
企業内労働市場における転職と昇進の関係 佐藤香織 日本労働研究雑誌 2018/05 0410
0535
0629
0782
0870
1046
What Do Microsimulations Tell Us about Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan? Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito and Masato Takara ESRI Discussion Paper Series No.343 2018/04 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan – A Microsimulation Approach – Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito and Masato Takara International Microsimulation Association, March 22, 2018, at International University of Health and Welfare, Narita Campus 2018/04 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Implications of Higher Education Financing Reform Options in Japan Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito, Masato Takara International Workshop "Financing Higher Education in Japan" on 4 Oct 2017 2018/04 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
高齢期における幸福感の安定性と変化 中川威 老年社会科学 2018/04 0395
0679
子どもの性別が親の政策支持・価値観に与える影響 湯川志保 行動経済学 第10巻大会特別号(第11回大会プロシーディングス) 2018/04 PY070
PM070
夫婦世帯年収の変化からみる階層結合の帰結 打越文弥 家族社会学研究 2018/04 PY070
PM070
改訂版 社会統計学入門 林拓也,石田光規,田辺俊介 放送大学教育振興会 2018/03 0500
青少年の性行動はどう変わってきたか - 全国調査にみる40年間 林雄亮、石川由香里、片瀬一男、土田陽子、苫米地なつ帆、俣野美咲、針原素子 ミネルヴァ書房 2018/03 1012
1013
1014
1015
1016
1017
一人暮らし高齢者の婚姻歴と社会的孤立 渡邉大輔 『成蹊大学文学部紀要』53 2018/03 0646
1055
介護職員処遇改善策は賃上げにつながらず 黒岩和輝 第44回中期経済予測「働き方」刷新で成長力を高めよ 2018/03 1062
1130
身体的特徴の自己認識といじめ被害傾向の関連性をめぐる小学生文化に関する一考察 鈴木 翔 東京大学大学院教育学研究科紀要,第57巻 2018/03 a171
Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan – A Microsimulation Approach – 河越正明,伊藤由樹子,高良真人 AESCS 2018 and IMA Asia-Pacific Regional Conference 2018/03 0500
0550
0600
0800
0850
1000
民事裁判における和解の現状──地域差と和解勧試に注目して 常松淳 豊田愛祥・太田勝造・林圭介・斎藤輝夫[編] 『和解は未来を創る──草野芳郎先生古希記念──』信山社. 2018/03 1041
Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan: A Microsimulation Approach 河越正明, 伊藤由樹子, 高良真人 IMA 2018/03 0500
0550
0600
0800
0850
1000
階層帰属意識の規定因としての所有耐久消費財再考 稲垣佑典 社会学研究 第101号 2018/03 0763
夫の家事・育児遂行が妻の夫婦関係満足度に及ぼす文脈効果:末子年齢・妻就業および幼児期育児遂行に着目して 吉田崇 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計・就業・子育てに関する二次分析 2018/03 0386
日本の大学職員はどのような業務にどのくらい従事しているのか?―「全国大学事務職員調査」の二次分析から― 木村 弘志 大学アドミニストレーション研究8 2018/03 0895
子はかすがいの統計的検証 ー婚前妊娠結婚と夫婦紐帯に関する多変量解析ー 南 拓磨 政治経済学研究論集 第2号 2018/03 0400
核家族における夫と妻のパーソナル・ネットワークの類型 石田賢示 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
核家族のパーソナル・ネットワークーー世帯外ネットワークが夫婦間紐帯に与える影響ーー 乾順子 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
夫婦間における性別役割意識が妻の就業に及ぼす影響ーー夫の家事頻度に着目してーー 田中茜 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
家庭内の親密性の多様性とその影響 毛塚和宏 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
夫の家事・育児遂行が妻の夫婦関係満足度の及ぼす文脈効果ーー末子年齢・妻就業および幼児期育児遂行に着目してーー 吉田崇 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
妻の就業状態別にみた家計管理パターンの規定要因 コルムシ オルガ 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
お金に関するコミュニケーションが夫婦関係満足度に与える影響 大瀧友織 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1139
共働き夫婦の家計と夫婦関係満足度ーー妻・夫からみた家計の共同性の検討ーー 鈴木富美子 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1139
ポスト育児期親子のディストレスーー父母の子育て行為関与に着目してーー 森村繁晴 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
性別役割意識における夫婦の非対称性 高橋香苗 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
妻の収入と家事・育児分担との関係ーー共働き夫婦を対象とした研究ーー 伊藤大将 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1139
子どもの家庭経済状況の認識 太田昌志 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
夫婦の時間配分と生活満足度 戸田淳仁 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 0386
1138
既婚女性の就業を規定する要因ーー「現代核家族調査,2008」を用いた分析ーー 中村由香 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
子どもによる母親の就業にたいする意識と家族関係 吉原千賀 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
女性の就業による家庭生活への影響ーー意識要因の検討ーー 王帥 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
夫婦関係満足度に関連する要因の変遷 大島聖美 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 0386
1138
親の家事遂行が子どもの家事手伝いに及ぼす影響 森中典子 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
家族研究におけるダイアド・データの応用可能性と課題 斉藤知洋 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1138
きょうだい構成と教育投資ーー学校外教育費に着目してーー 苫米地なつ帆 2017年度参加者公募型二次分析研究会 夫婦データを用いた、家計、就業、子育てに関する二次分析研究成果報告書 2018/03 1139
高校の学科選択における親の職業の影響ーー条件付き多項ロジットモデルを用いた分析 成澤雅寛 第65回数理社会学会大会 2018/03 0892
小学校英語に関する政策的エビデンス : 子どもの英語力・態度は向上したのか? 寺沢拓敬 関東甲信越英語教育学会誌 2018/03 0725
親の離婚経験者の結婚と配偶者学歴 吉武 理大 SSJデータアーカイブ リサーチペーパーNo.64,「2016年度課題公募型二次分析研究会 就労・家族・意識の変化に関するパネルデータ分析 研究成果報告書」,東京大学社会科学研究所 附属社会調査・データアーカイブ研究センター 2018/03 PY070
PM070
日本の長時間労働の原因と特徴 赤松麻優、荒井拓実、石黒大地、工藤梨乃、鶴岡滉大、吉岡建汰 奨学論文集・明治大学商学部 2018/03 1116
Validity of Stata at Micro Econometrics: The Case of Wage Recression of Care Workers Yoshimasa Kato 経済情報学研究 2018/02 0991
社会関係資本の地域分析 埴淵知哉(編) ナカニシヤ出版 2018/02 0850
サービスデータ解析入門-サービス価値を見出す統計解析- 椿美智子 オーム社 2018/02 0665
0666
0667
0668
サービスデータ解析入門 第3章 統計的問題解決3Step 椿美智子 オーム社 2018/02 b078
保護者の学校安全支援に関する意識の分析―学校と家庭の連携・協力の視点から― 橋野晶寛 『北海道教育大学紀要. 教育科学編』第68巻第2号 2018/02 0903
「失われた20年」と政治的格差:「福祉か減税か」に関するパズルをめぐって 西澤由隆 同志社法学 第69巻第7号(396号) 2018/02 0530
0999
生活時刻変数のクリーニングと基礎的分析 柳下実,石田賢示 東京大学社会科学研究所 パネル調査プロジェクト ディスカッションペーパーシリーズ 2018/01 PY070
PM070
From measuring support for the death penalty to justifying its retention: Japanese public opinion surveys on crime and punishment, 1956-2014 Mai Sato In: Liu, J. and Miyazawa, S. (eds.) Crime and Justice in Contemporary Japan. Springer Series on Asian Criminology and Criminal Justice Research. Springer, Cham, Switzerland 2018/01 M140
What Do Microsimulations Tell Us about Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan? 河越正明,伊藤由樹子,高良真人 ESRI Discussion Paper 2018/01 0500
0550
0600
0800
0850
1000
What Do Microsimulations Tell Us about Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan? 河越正明, 伊藤由樹子, 高良真人 ESRI Discussion Paper 2018/01 0500
0550
0600
0800
0850
1000
FACTORS RELATED TO THE PARENTAL BURDEN OF CHILDREARING IN JAPAN Mizuka Ohtaka Psychology applications & developments III. inScience Press 2018/01 0976
Fiscal Costs of Newly Launched Income Contingent Loans in Japan - A Microsimulation Approach - 河越正明,伊藤由樹子,高良真人 JCER Discussion Paper 2017/12 0500
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Costs of Newly Launched Income Contingent Loans in Japan - A Microsimulation Approach - Masaaki Kawagoe, Yukiko Ito, Masato Takara JCER Discussion Paper No.146 2017/12 0200
0250
0300
0350
0550
0600
0800
0850
1000
Fiscal Costs of Newly Launched Income Contingent Loans in Japan: A Microsimulation Approach 河越正明, 伊藤由樹子, 高良真人 JCER Discussion Paper 2017/12 0500
0550
0600
0800
0850
1000
Territorial Conflicts and Japanese Attitudes Towards East Asian Countries: Natural Experiments with Foreigners' Landings on Disputed Islands Akira Igarashi Political Psychology 2017/11 0981
親子の関わりが学力に与える影響 乾真彩,後白翼,杉山優佳,土屋明日香,堀尾周聖,宮由佳 ISFJ全国学生政策フォーラム発表論文 2017/11 0716
『不本意型』非正規雇用の活路 上大田菜々、佐々木香澄、真下由美、松永悠 ISFJ日本政策学生会議 2017/11 1088
Locating family in the gender equality politics: a focus on economic situation after divorce in Japan Tanaka Sigeto The Impact of the Humanities and Social Sciences: Discussing Germany and Japan (Symposium in Tokyo, 2017-11-14) 2017/11 0191
0517
0817
正規の世界・非正規の世界―現代日本労働経済学の基本問題 神林龍 慶應義塾大学出版会 2017/11 PM060
日本における私的医療保険の需要決定要因 小坂雅人,近藤正英 医療経済研究 2017/10 0890
日本における私的医療保険の需要決定要因 小坂雅人, 近藤正英 医療経済研究, 29(1) 2017/10 0261
0890
データ分析をマスターする12のレッスン 畑農鋭矢, 水落正明 有斐閣 2017/10 0850
就業継続意向・雇用の不安定性は未婚女性の希望する結婚までの期間に影響を与えるか――結婚意識の期間的側面 柳下実,不破麻紀子 家族社会学研究 2017/10 PM050
PY050
當代日本人的婚戀對象偏好及其幸福觀。 周玉慧 「2016年愛情教育與研究:社會學與心理學的對話學術研討會」世新大學社會心理系主辦,台北:木柵。 2017/10 0985
0986
2009年度介護報酬改定が介護従事者の賃金、労働時間、離職率に与えた影響 上野綾子,濱秋純哉 医療経済研究 Vol.29 No.1 2017 2017/10 0541
0598
0607
0608
0609
0610
0692
0755
0818
0882
Fiscal Costs of Newly Launched Income Contingent Loans in Japan: A Microsimulation Approach 河越正明, 伊藤由樹子, 高良真人 Conference "Financing Higher Education in Japan" 2017/10 0500
0550
0600
0800
0850
文化資本と英語教育機会 寺沢拓敬 新英語教育 2017/10 0714
The Transition of the Significant Others among Elderly Japanese People Nakata, T. SLLS Anual Conference 2017, University of Stirling, UK 2017/10 0679
0823
『教育問題の「常識」を問い直す-いじめ・不登校から家族・学歴まで-』 須藤康介 明星大学出版部 2017/09 1000
「ものやサービスをつなぐ仕事~情報通信技術で活躍する人たち」 安田宏樹 『職業の経済学』(中央経済社)第4章 2017/09 0251
Empirical Studies of Child Well-being and Education Midori Otani 博士論文 2017/09 0836
男女の職業分離の要因と結果 山口一男 『働き方の男女不平等』日本経済出版社 2017/08 0763
0764
プロパー大学職員の異動実態に関する研究―異動の頻度とパターンに注目して― 木村 弘志 大学行政管理学会誌 第21号 2017/08 0895
主観的幸福感の規定要因:JGSS(日本版General Social Surveys)データを用いた検討 浜橋侑希,鷲見克典 日本応用心理学会第84回大会 2017/08 0850
終わらざる「社会」の選択―「一九九〇年代」の散乱と回帰 仁平典宏 大澤聡編『1990年代論』河出書房新社 2017/08 0814
進化的マルチエージェントモデルによるリスクへの態度の分析とアンケートデータセットによる多面的な検証 小松秀徳, 田中伸幸, 大橋弘忠 日本進化学会第19回大会 2017/08 0850
0544
ARE NURSE WAGES TRULY HIGH IN JAPAN? TSUBOI Shusuke, TAKESHITA Ryo International Journal of Social Science and Economic Research 2017/07 0764
「リスク」としての性行動・ 「危険」としての性行動― ─ 避妊をめぐる男女の非対称性 片瀬一男 『東北学院大学論集」174 2017/07 1017
介護職員の介護福祉士資格取得行動と仕事の継続に関する分析 吉田和夫,水野利英 地域ケアリング Vol.19 No.7.2017 2017/07 0991
日本社会における仕事の価値の長期的な推移 田靡裕祐 日本労働研究雑誌 2017/07 0814

<< < 2 3 4 5 6 7 8 > >> Total: 1576