東京大学
成果物検索

全検索:
利用調査番号:
利用調査名:
成果物名(タイトル):
著者名:
発表年:

表示順

<< < 5 6 7 8 9 10 11 > >> 全1054件

- 成果物一覧 -
成果物名(タイトル) 著者名 雑誌名・書籍名・出版社名など 発表年月 利用調査番号
ペット飼育の規定要因-日本版総合社会調査マイクロデータを用いて- 尾崎裕子 生活経済学研究 第19巻 2004年3月 2004/03 0200
投票外参加の論理-資源,指向,動員,党派性,参加経験 山田真裕 日本選挙学会年報№19 2004 2004/02 0093
0247
育児休業取得とその取得期間の決定要因について 西本真弓 日本労働研究雑誌 2004/02 0069
職業生活と家族生活に関する計量社会学 竹ノ下弘久 東洋大学社会学部 2003年度社会調査及び実習19 2004/02 0200
JGSS-2000とJGSS-2001のデータに見る犬の飼い主の健康状態 杉田陽出 大阪商業大学論集 第132号 2004/02 0200
0250
父親の養育行動と思春期の子どもの精神的健康 石川周子 家族社会学研究15(2) 2004/01 0004
Productivity and Entrepreneurial Characteristics in New Japanese Firms 原田信行 Small Business Economics 23, 2004 2004/01 0142
Unitary model の検証:共稼ぎ世帯の家計管理と労働供給・タバコ消費 両角良子 実証ミクロフォーラム2003 2003/12 0200
日本における離家要因の分析:離家タイミングの規定要因に関する考察 福田節也 人口学研究 第33号 2003.11 2003/11 0191
所得変動と若者の離家に関する実証分析-若者の世帯形成におけるマクロ所得効果の推定- 福田節也 経済学研究論集 第20号 2004 2003/10 0191
正規労働と非正規労働の代替・補完関係の計測-パート・アルバイトを取り上げて 原ひろみ 日本労働研究雑誌 45(9) 2003/09 0121
結婚観における因子的不変性の検討-JGSS2000のデータを用いて- 戸口愛泰 関西大学大学院「人間科学」 第59号 2003年9月 2003/09 0200
The new independent voter and the evolving Japanese party system 田中愛治,Sherry Martin Asian Perspective Vol 27 No,3 2003 2003/09 0093
0247
An Empirical Study of Reported Job Satisfaction and Mental Well-Being:including the effect of the “time-squeeze”and intrinsic work utility Corinne Boyles 柴田愛子 Tezukayama University Discussion Paper Series F-152 2003/07 0046
予防行動における医療保険の役割-喫煙情報の経済学的価値- 澤野孝一朗、大竹文雄 医療経済研究 第13巻 平成15年7月 2003/07 0041
既婚女性の就労と世帯収入 真鍋倫子 SSJ Data Archive Research Paper Series No.28 2003/07 0156
0181
小中学生の学習意欲と進路希望-親の学歴と態度・意識の効果- 卯月由佳 SSJ Data Archive Research Paper Series No.29 2003/07 0004
妻の遺産動機と生命保険への需要-就業状態別の分析-(RPS28) 白石小百合 SSJ Data Archive Research Paper Series No.28 2003/07 0020
0021
0022
0023
0024
0025
0026
0120
『非教育ママ』たちの所在(RPS29) 本田由紀 SSJ Data Archive Research Paper Series No.29 2003/07 0004
大学選択に与える家計属性の影響について(RPS29) 上枝朱美 SSJ Data Archive Research Paper Series No.29 2003/07 0177
ファミリー・フレンドリー施策と企業のパフォーマンスとの関係と効果~育児短時間勤務制度に関するケーススタディも交えて~ 松原光代 日本労務学会 第33回大会 大会報告用論集 2003/05 0121
奨学金は有効に使われているか 伊藤由樹子、鈴木亘 季刊家計経済研究 2003 SPRING No.58 2003/04 0201
『高卒ホワイトカラー』とは何だったのか?(RPS27) 佐藤香 SSJ Data Archive Research Paper Series No.27 2003/04 0072
女性管理職の昇進-日本とアメリカ- 大内章子 雇用と失業に関する調査研究報告書 2003/03 0179
リストラ、非正規労働化の雇用への影響 駿河輝和 関西社会経済研究所『雇用と失業に関する調査研究報告書』 2003/03 0162
「パラサイト・シングル」仮説の検証-NFRJ98データの分析から- 田中慶子 家族関係学 No.22 2003 2003/03 0191
自己雇用の現在と可能性 玄田有史・高橋陽子 調査季報 (64)(国民生活金融公庫総合研究所 ) 2003/02 0142
0193
国政選挙と地方選挙における投票参加の違い-教育程度と選挙関心、投票義務感の関係- 中條美和 國家學會雑誌 116巻9・10号 2003/01 M013
私的医療保険需要の決定要因-入院診療と医療費負担 澤野孝一朗、大竹文雄 医療と社会 Vol.12 NO.3 2002 2002/12 0041
潜在的ビジネス・エンジェルとしての中小企業経営者 原田信行、忽那憲治 国民生活金融公庫総合研究所 調査季報第63号 2002年11月 2002/11 0172
子供のいる既婚女性の就業選択-夫の働き方、性別役割意識が及ぼす影響 藤野敦子 季刊家計経済研究 2002 AUTUMN No.56 2002/10 0050
全国大学生活協同組合連合会『学生生活実態調査』の再分析(1991年~2000年)(RPS23) 伊藤由樹子 石倉義博 大島真夫 鈴木亘 高橋陽子 西野淑美 林未央 林拓也 本田由紀 SSJDA Research Paper SeriesNo23 2002/10 0053
0078
0079
0080
0125
0126
0127
0128
0157
0201
既婚女性の就業選択における夫と妻の意識の影響 長町理恵子 生活社会科学研究 第9号 2002年 2002/10 0050
Filial Obligation and Parental Educational Investments in Children in Japan Kristen E. Schultz American Sociological Association annual meeting 2002 2002/08 0191
小・中学生の学業成績と学校外学習時間に関する一考察―社会階層を媒体として― 小針誠 子ども社会研究 第8号 2002年6月 2002/06 0004
宗教性と社会意識-キリスト教信者アンケート調査を事例に- 松谷満 ソシオロジ 第47巻第1号 2002年5月 2002/05 0129
マイクロビジネスの経済分析-中小企業経営者の実態と雇用創出- 三谷直紀 東京大学出版会 2002/04 0002
政策評価制度をめぐる一考察 河村和徳 金沢法学 第44巻第2号 平成14年3月 2002/03 0093
リストラされた者の開業の成否 大井方子 グロバリゼーション下における構造調整と労働市場に関する調査研究報告書 2002/03 0173
1990年代における日本の中小製造企業の技能形成に関する実証研究 馬駿 富山大学紀要. 富大経済論集 47(3) 2002/03 0077
Who Succeeds as an Entrepreneur? An Analysis of the Post-Entry Performance of New Firms in Japan 原田信行 Japan and the WORLD ECONOMY, 15 2001/12 0085
0088
0089
0090
0091
データパターン間の距離に基づく不完全データに関する診断方法 稲葉由之 応用統計学 VOL.30 NO.3(2001) 2001/11 0012
就業女性の子供数決定に関する計量分析 西本真弓 大阪府立大学『経済研究』 46巻4号 2001/09 0069
国民生活金融公庫「新規開業実態調査」の再分析(1991年~2000年) (SSJDA Research Paper Series No.17) 石田浩 石原真三子 大井方子 大木栄一 神林龍 玄田有史 佐藤博樹 竹内英二 藤本真 - 2001/09 0084
0085
0088
0089
0090
0091
0092
0142
0158
0173
家計における出生行動と妻の就業行動-夫の家事育児参加と妻の価値観の影響 藤野敦子 人口学研究 第31号 2002.11 2001/08 0050
Who Succeeds as an Entrepreneur? An Analysis of the Post-Entry Performance of New Firms in Japan 原田信行 JCER Discussion Paper Series No.68 2001/07 0085
0088
0089
0090
0091
Total Factor Productivity of New Japanese Firms 原田信行 JCER Discussion Paper No. 65 2001/05 0142
0158
仕事の効用の決定要因~メンタルへルスへの影響も考慮して~ 柴田愛子 Working Paper Series No.22(関西学院大学) 2001/05 0046
インターネットの認知や利用に関する格差の状況 「日本人の生活価値観調査1996年」の個票データを用いた分析 稲葉由之 『電子商取引の社会情報学的アプローチ』(平成12年度学長裁量経費による研究報告書),小樽商科大学 2001/03 0012
老後生活リスクと家計の金融資産形成行動 上田貴子 国土交通省 道路局・財団法人 財政経済協会『高齢社会に向けた公共投資のあり方に関する調査』 2001/03 0123
Retirement Saving in Japan: With Emphasis on the Impact of Social Security and Retirement Payments” 若林緑 Journal of the Japanese and International Economies 15 2001/01 0052
新規開業の満足度 原田信行 国民生活金融公庫総合研究所 調査季報 第54号 2000年8月 2000/08 0089
0091
日本における正社員の企業帰属意識-その構成要素と影響を与える要因,及び結果についての実証分析- 西川真規子 社会科学研究 第51巻 第4号 2003年3月 2000/03 0048
ホームヘルパーの賃金決定に関する要因分析 浦坂純子 京都府構造変化等雇用対策協議会『京都府の雇用開発』 1999/03 0057

<< < 5 6 7 8 9 10 11 > >> 全1054件