University of Tokyo
Output Search

Display All:
Survey Number:
Survey Title:
Output Title(Title):
Author Name:
Year:
FROM: TO:

Sort by:

<< < 1 2 3 4 5 6 7 > >> Total: 1261

− List of Usage Output −
Output Title(Title) Author Name Title of Journal or Publication, Publisher name, etc. Year and Month of Presentation Survey Number
核家族における子どもの家事遂行の規定要因 森中典子 日本家政学会誌 2019/11 1138
小企業就業者の仕事満足度に影響を及ぼす要因 井上考二 日本政策金融公庫論集 第45号 2019/11 1201
学業世界と職業世界 長創一朗・小山田建太 吉田武男監修,飯田浩之・岡本智周編著,『教育社会学』 2019/10 0909
訪問看護師における業務上のアドバイスと業務外研修の実態-職位の違いに着目した考察- 長尾雄太 第50回日本看護学会-看護管理-学術集会抄録集 2019/10 1130
加齢に対するポジティブなステレオタイプは高齢者において長寿を予測する 中川威,安元佐織 老年社会科学 2019/10 0395
1185
男子の家事遂行と父親・母親との関係満足 森中典子 生活社会科学研究 2019/10 1138
職種の学歴・性別構成が賃金に与える影響 中野あい 経済政策ジャーナル 2019/09 0870
1046
中高生の教育期待形成における父母の期待の影響 鳶島修治 日本教育社会学会第71回大会発表要旨集録 2019/09 1050
社会調査データを用いたポジショニング分析の基礎【2019年9月 改訂版】 林拓也 奈良女子大学学術情報リポジトリ 2019/09 0500
「企業の外国人雇用に関する分析 ―取組と課題について―」 内閣府政策統括官(経済財政分析担当) 政策課題分析シリ-ズ18 2019/09 1092
1162
Examining the Promotion of Learning and Construction of Social Capital for Children in Poverty: A Case Study of a Learning Support Program in Japan Taemi Kawasaki 博士論文 2019/09 0836
満足度からみる小企業での就業の特徴 井上考二 日本政策金融公庫 調査月報 No.132 2019/09 1201
Mechanisms to improve labor productivity by performing telework Sachiko Kazekami Telecommunications Policy 2019/09 1164
1227
1228
企業規模別にみた就業者の仕事への満足度 井上考二 多様性で人材格差を乗り越える―時代をリードする小企業の働き方改革・同友館 2019/08 1201
Crowding out of intrinsic motivation : The Case of lomg-term care workers in Japan 加藤善昌 経済情報学研究 2019/08 0818
雇用類型と労働組合の現状 久本憲夫 日本労働研究雑誌、第710号、2019年9月号 2019/08 1167
1190
青少年の避妊行動に及ぼすパートナーとのコミュニケーションの影響 俣野美咲 社会学年報 2019/08 1017
推薦・AO入試希望者における高大接続上の課題 ―学校外学習時間の規定要因分析から― 加藤一晃 日本高校教育学会年報,第26号 2019/07 1047
Japanese Attitudes Toward China and the United States: A Sociological Analysis Shun GONG, Kikuko NAGAYOSHI Chinese Sociological Review 2019/07 PY070
PM070
離婚の世代間連鎖とそのメカニズム――格差の再生産の視点から 吉武 理大 社会学評論 70(1) 2019/07 PY070
PM070
Factors widening the gap between hypothetical and actual choices —Empirical evidence from Japan’s life insurance market— 稲倉典子,藤井陽一朗 Asia-Pacific Journal of Risk and Insurance 2019/07 0890
The Mechanism of Generational Reproduction in Japan Mediated by the Major Taken During Secondary Education: An analysis of class mobility using conditional multinomial logistic regression Masahiro Narisawa ICAS11 2019/07 0763
0764
祖父母との同居と中学生の教育期待ー多様な家族構造における祖父母との同居の効果 小椋滉平 市大社会学 2019/07 0836
東日本大震災は生命保険商品・販売チャネルの選択にどのように影響したか? 増井 正幸,茶野 努 生命保険論集「207号」生命保険文化センター 2019/06 1070
『ミドル層の中途採用における「採用後マッチング」』 佐野嘉秀 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター ワーキングペーパー 2019/06 0950
企業内部の能力形成とその効果ーOJTとOFF-JTの相乗効果に関する分析 戸田淳仁 経済分析(内閣府経済社会総合研究所) 199号 2019/06 PY080
PM080
教育費の公私負担意識:社会空間アプローチによる世論の分析 近藤博之 教育社会学研究 第104集 2019/06 1000
Social Integration and Terminal Decline in Life Satisfaction Among Older Japanese Takeshi Nakagawa, Gizem Hülür Journals of Gerontology Series B: Psychological Sciences and Social Sciences 2019/05 0395
0679
0823
Does Financial Difficulty Damage Cognitive Function? 石川祐実 OSIPP Discussion Paper 2019/05 0395
0679
0823
貧困母子世帯における生活保護の受給の規定要因――なぜ貧困なのに生活保護を受給しないのか 吉武 理大 福祉社会学研究 16号 2019/05 0836
日本におけるコミュニティ問題の検討 赤枝尚樹 Rで学ぶマルチレベルモデル実践編ーーMplusによる発展的分析 2019/04 0500
Intergenerational income mobility and health: A quasi-experimental approach Shohei Okamoto, Mauricio Avendano, Ichiro Kawachi Social Science & Medicine 2019/04 0500
0550
0600
0800
0760
0761
0762
0763
0764
0850
1000
離婚と家事労働――離別者の親同居の効果に着目して 柳下実,不破麻紀子 家族社会学研究 2019/04 PY080
PM080
妻の労働時間、雇用形態および生活満足度に関するジェンダー・アイデンティティ仮説の検証――米国を事例として 安藤潤 『新潟国際情報大学国際学部紀要』第4号 2019/04 0681
中学生の時間管理が時間の使い方の自己評価に与える影響-日本の中学生を対象として- 李秀眞 日本文化研究・東アジア日本学会 2019/04 1047
中小企業が生き残るためには何が必要かー年休取得なども含めた内部経営資源の統計分析ー 竹田英司,井草剛 松山大学論集 2019/04 1146
暮らし向きのゆとりがなくとも主観的健康感が良好な人の家族との食事のあり方 坂本 達昭, 吉村 英一 日本健康教育学会誌 2019/03 1065
「婚活」が結婚に与える短期的な影響ー結婚への移行に関する男女比較分析ー コルムシ・オリガ 家族関係学 37 2019/03 PY080
PM080
Health, psychological, social and environmental mediators between socioeconomic inequalities and participation in exercise among elderly Japanese Hidehiro Sugisawa, Ken Harada, Yoko Sugihara, Shizuko Yanagisawa, Masaya Shinmei Ageing and Society 2019/03 1000
「日本人の意識調査」からみた ムラ的意識の近年動向とその含意 渡辺靖仁 共済総合研究 Vol.78(2019.3)JA共済総合研究所 2019/03 0814
1119
中学受験選択を促すものは何か:階層・地域要因と中学受験の再生産 豊永耕平 『東京大学大学院教育学研究科紀要』58巻 2019/03 0720
三世代同居と投票動員に関する実証分析 亀ヶ谷雅彦 山形県立米沢女子短期大学 生活文化研究所報告 第46号 2019/03 1074
「食育に関する意識調査」の時系列分析にみる現代の食生活―意識・知識・行動の関係から考える世代間の違い― 水野陽介 上智大学社会学論集 上智大学社会学科 2019/03 0617
0618
0655
0699
0788
0840
0877
0959
1065
1168
1169
非正規雇用から正規雇用への移行とその要因 高橋 勇介 日本経済政策学会『経済政策ジャーナル』第15巻第2号 2019/03 1164
Who Wants to Work for Japanese Companies? A Case in Malaysia Izumi Mori, Soyeon Kim, and Abd R.A. Rahim International Journal of Japanese Sociology 2019/03 0869
日本的経営におけるイノベーションのジレンマ 高桑健太郎 情報社会学会誌 Vol.13 No.2 2019/03 0495
正規労働者のメンタルヘルスに影響を与える職場の要因 大瀧英樹 第49巻 生活経済学研究 2019/03 PM060
PY060
婚姻の際に定める夫婦が称する氏について -妻の氏を称する婚姻の割合の都道府県間の差に関する一考察- 犬飼直彦 ソシオサイエンス・早稲田大学 先端社会科学研究所 2019/03 0500
0850
大学院生の研究環境と研究成果の関係の分析ー2011年・2015年東京大学学生生活実態調査から- 久保京子 東京大学大学院教育学研究科紀要 第58巻 2019/03 0886
1155
親の社会経済的資源が結婚に与える影響:「相対所得仮説」の検討―JGSS-2012のデータ分析から― 平井太規 日本版総合的社会調査共同研究拠点 研究論文集[18] JGSS Research Series No.15 2019/03 1000
介護従事者の労働供給と介護人材育成高度化の重要性 張柳 南山総合政策研究 第10号 2019/03 1184
学校外教育投資に対する母親の団体加入―ダブルハードルモデルを用いた分析― 米田佑 先端教育研究実践センター年報 第19号 2019/03 0764
若者の従順さはどのようにして生み出されるのか――不透明な時代における権威主義的態度の構造 濱田国佑 吉川徹・狭間諒多朗編,2019,『分断社会と若者の今』大阪大学出版会 2019/03 0763
スタートアップ企業の業績決定要因 : 質的比較分析(QCA)によるアプローチ 小本恵照 日本経営学会誌 第42号 2019/03 0494
満足度の決定要因―日米仏韓の比較研究 亀井暁孝・立花諒 社会保障政策研究2018 2019/03 0681
育児と仕事を両立させるための支援策とワークライフバランス満足度との関係 工藤寧子 東北女子大学紀要第57号 2019/03 0828
私立中学校が果たしている役割と期待される機能:保護者アンケートの結果から見た進学動機と教育需要を中心に 木村康彦 『学術研究:人文科学・社会科学編』(早稲田大学教育・総合科学学術院教育会) 2019/03 0903
経験年数の浅い派遣介護職員の特性:高齢者ケア領域の介護職員の人員不足問題の視点から 松山紀彦 保育・教育・福祉研究 第17号 2019.3 2019/03 H026
PTA親会員の不満とその要因構造に関する研究 森村繁晴 放送大学 博士論文 2019/03 0386
仕事の自律性:その規定要因と効果 李 旼珍 応用社会学研究・立教大学社会学部 2019/03 0531
1085
日本の創業企業と創業金融の実態 内田浩史・郭チャリ RIETI Discussion Paper Series 19-J-007 2019/02 1149
職業間距離の計量社会学 林拓也 ナカニシヤ出版 2019/01 0500
0550
高齢期における抑うつ症状の変化と身体的健康との関連 中川 威 老年社会科学 2019/01 0395
0679
2010年の介護従事者の職務満足度と就業継続意思について 加藤善昌 経済情報学研究 2019/01 0818
日本の介護職の連携と職務満足 大平剛士 老年社会科学、第40巻第4号 2019/01 0692
Socioeconomic Status and School Readiness in Japan Jun Yamashita and Minako Masuyama Journal of School Improvement and Leadership (日本学校改善学会) 2019/01 0723
幼少期の基本的生活習慣の習得と家庭内ソーシャル・キャピタル 益山未奈子, 山下絢 露口健司・編『ソーシャル・キャピタルで解く教育問題』 2019/01 0723
Socioeconomic Status and School Readiness in Japan Jun Yamashita and Minako Masuyama Journal of School Improvement and Leadership (日本学校改善学会) 2019/01 0723
職種と雇用形態が出産・育児期女性の初職継続に与える影響―改正均等法前後の世代間比較分析 小松恭子 『日本労働研究雑誌』 (特別号) 2019/01 1088
Employment and health after retirement in Japanese men Shohei Okamoto, Tomonori Okamura & Kohei Komamura Bulletin of the World Health Organization 2018/12 0395
0679
0823
日本人大学生の短期留学志向の形成要因 小林元気 留学生教育 2018/12 1057
Who fears or favors globalization? Evidence from individual-level survey data in Japan Koichi Kagitani, Kozo Harimaya International Economics, Volume 156, December 2018. (Elsevier) 2018/12 0800
地域と統計―〈調査困難時代〉のインターネット調査 埴淵知哉, 村中亮夫(編) ナカニシヤ出版 2018/12 0850
なにが革新都政を誕生させたのか 丸山真央 石坂友司・松林秀樹編『一九六四年東京オリンピックは何を生んだのか』(青弓社) 2018/12 M053
M054
Japanese Divorce Lawyers: Their Success After Their Own Divorce Hiroharu Saito Asian-Pacific Law & Policy Journal 2018/12 0817
1038
若年期における親への経済的援助に対する出身階層の影響 俣野美咲 社会学研究 2018/12 0191
0817
Care Preferences of Elderly People Living Alone in Japan KUMAGAI, Narimasa Health Education and Public Health 1(2) 2018/12 1055
個人型確定拠出年金の拡充を目指して 深川大輔・浪間秀顕・高橋龍之介・伊藤真澄・星加紗彩 ISFJ日本政策学生会議政策フォーラム発表論文 2018/12 1132
誰が「不倫」をするのか 五十嵐彰 家族社会学研究 2018/11 0526
生活習慣、心身の健康状態と職場環境 中野 あい 経済政策ジャーナル 2018/11 0696
岐路に立つ自営業──専門職の拡大と行方 仲修平 勁草書房 2018/11 0200
0500
0550
0600
0800
0759
0760
0761
0762
0763
0764
0850
1000
一人暮らし高齢者の幸福度に関する一考察‐子どもとの居住距離に注目して‐ 立福 家徳 政経研究・日本大学法学会 2018/10 1055
就業している独居高年齢者における男女の特性~日常生活に関する意識から~ 鈴木直子 第77回日本公衆衛生学会総会抄録集 2018/10 1056
Socioeconomic Factors and the Risk of Cognitive Decline Among the Elderly Population in Japan Shohei Okamoto International Journal of Geriatric Psychiatry 2018/10 0395
0679
0823
生命保険は高齢者の暮らしを支えているか 大橋美幸 函館大学論究 2018/10 1070
高齢期における北海道移住の意味 大橋美幸 函館大学論究 2018/10 1068
生徒指導上の問題としての援助交際再考 歌川光一,鈴木翔,岡邑衛,佐々木基裕 学苑 No.936 2018/10 c052
転職を選択する前にー知っておきたい現実 勇上和史 玄田有史編『30代の働く地図』岩波書店 2018/10 1088
Analysis of Influence Factors for Learning Outcomes with Bayesian Network Kazushi Okamoto Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 2018/10 0721
生徒指導上の問題としての援助交際再考 歌川光一,鈴木翔,岡邑衛,佐々木基裕 学苑 No.936 2018/10 c052
生徒指導上の問題としての援助交際再考 歌川光一 , 鈴木翔 , 岡邑衛 , 佐々木基裕 昭和女子大学近代文化研究所『学苑』936号 2018/10 c052
小規模企業における事業主の妻の労働と金銭的報酬 宮下さおり 第30回日本労働社会学会大会シンポジウム報告 2018/10 0850
Inequality in Shadow Education Participation in an Egalitarian Compulsory Education System Ryoji Matsuoka Comparative Education Review 2018/09 0836
就業形態とメンタルヘルスに関する予備的分析―働き方の柔軟性と長時間労働に着目して― 岡庭英重 国立社会保障・人口問題研究所『社会保障研究』 2018/09 0850
幸福感の経済分析 橘木俊詔・髙松里江 岩波書店 2018/09 PM050
PY050
世代間における子供の所得水準を決定する要因 : マルチレベル・モデルでの実証分析 細井雅代 追手門経済論集,53(1) 2018/09 0764
所属集団の多寡と成員非類似性が主観的幸福感にもたらす影響―都市部と非都市部を比較して― 田端拓哉,池上知子 日本グループダイナミックス学会第65回大会発表論文集 2018/09 1000
多様性に開かれた子育て支援政策の可能性 ケアを行う母親のニーズから 仁科薫 国際ジェンダー学会2018年大会 2018/09 0836
高校進学における学校外教育の効果 ――低階層の子どもたちの教育達成―― 眞田英毅 東北社会学会 2018/08 PY012
PM012
PY070
PM070
Japanese Society and Lay Participation in Criminal Justice: Social Attitudes, Trust, and Mass Media Masahiro Fujita Cham, Switzerland: Springer Verlag 2018/08 0800
0850

<< < 1 2 3 4 5 6 7 > >> Total: 1261