University of Tokyo
Output Search

Display All:
Survey Number:
Survey Title:
Output Title(Title):
Author Name:
Year:
FROM: TO:

Sort by:

<< < 1 2 3 4 5 6 7 > >> Total: 1849

− List of Usage Output −
Output Title(Title) Author Name Title of Journal or Publication, Publisher name, etc. Year and Month of Presentation Survey Number
大学職員の知識習得・能力向上意欲に及ぼす要因の探究 増田昌幸 インテリジェンス・マネジメント 2023/07 0895
介護事業所における介護福祉機器の導入状況:2017年の事業所調査をもとに 加藤善昌 経済情報学研究 2023/07 1233
子どもの家事からみる性別役割分業意識の平等化の可能性:料理や掃除のしかたを教えることに着目して 戸髙南帆 『家族研究年報』No.48 2023/07 1363
幼少期の自然体験が理科学習への動機づけに及ぼす因果効果の検討 中村大輝, 松浦拓也 理科教育学研究 2023/07 1363
Impact of vertical and horizontal mismatches on earnings among highly educated employees in Japan 武内真美子 International Journal of Educational Research Open, ELSEVIER 2023/07 1088
1164
1227
1279
1349
児童虐待は教育達成にも影響を与えるのか? 成澤雅寛 第21回福祉社会学会大会 2023/07 0800
結婚の脱制度化命題の検討 稲葉昭英 三田社会学 2023/07 0191
0817
Testing the Reciprocal Effect between Value of Education, Time Investment, and Academic Achievement in a Large Non-Western Sample Meimei Liu, TuongVan Vu, Nienke van Atteveldt, Martijn Meeter Journal of Intelligence 2023/07 0747
Trends of health and dietary disparities by economic status among elderly individuals in Japan from 2004 to 2014: A repeated cross-sectional survey Daisuke Machida medRxiv 2023/06 0642
1056
労働時間のウェルビーイングへの影響度に関する教員と他職種の比較 神林寿幸, 廣谷貴明, 青木栄一 日本教育経営学会第63回大会 2023/06 1279
1349
1429
1523
Workplace bullying and harassment in the Japanese construction industry: Prevalence and associations with subjective health and work attractiveness Nobutada Yokouchi, Tomoharu Ambe, Mahiro Fujisaki-Sueda-Sakai, & Kazumasa Ozawa CSRDA ディスカッションペーパーシリーズ 2023/06 1531
就職氷河期世代支援プログラムに関する実証分析 武内真美子 日本労務学会第53回全国大会報告集 2023/06 1088
1164
1227
1279
1349
1429
1523
老い、病み、死ぬとしても、人は幸福に生きられるか 中川威 生きがい研究 2023/06 0395
0679
0823
1185
労働者の心身の健康問題の諸要因について 高橋勇介 社会政策学会第146回大会 2023/06 1088
1164
1227
1279
1349
1429
教育を媒介する2つの地位達成:高校ランク・学科が到達階層に与える効果の検証 成澤雅寛,吉田航 社会学評論 2023/06 0763
0764
教育を媒介する2つの地位達成―高校ランク・学科が到達階層に与える効果の検証― 成澤雅寛,吉田航 社会学評論74巻1号 2023/06 0763
0764
The Effect of Using Shadow Education on Students’ Future Income Chen Jiping inal Project Report Conference 2023/06 PY012
PY080
なぜ女子中学生は自分を「理系」と評価しにくいのか—文理意識の性別間分化メカニズムー 田邉和彦 『教育学研究』第90巻第2号 2023/06 1363
The role of institutional features for inequalities in study abroad intentand participation Steve R. Entrich, Nicolai Netz, Ryoji Matsuoka CSRDA Discussion Papers No. 49 2023/06 1232
起業における副業経験の効果 ―副業起業に着目した実証研究― 熊田和彦 日本労務学会誌 Vol. 24 No. 1 2023/06 1164
1227
1279
1349
1429
論点②:「L字カーブ」解消による経済効果と課題 神田 慶司・溝端 幹雄・是枝 俊悟・和田 恵・高須 百華 第217回日本経済予測 2023/05 1523
「L字カーブ」解消の経済効果と課題は? 神田 慶司・溝端 幹雄・是枝 俊悟・和田 恵・高須 百華 大和総研ウェブサイト 2023/05 1523
「L字カーブ」解消の経済効果と課題は? 神田 慶司・溝端 幹雄・是枝 俊悟・和田 恵・高須 百華 大和総研ウェブサイト 2023/05 1523
「L字カーブ」解消の経済効果と課題は? 神田 慶司・溝端 幹雄・是枝 俊悟・和田 恵・高須 百華 大和総研ウェブサイト 2023/05 1523
「L字カーブ」解消の経済効果と課題は? 神田 慶司・溝端 幹雄・是枝 俊悟・和田 恵・高須 百華 第217回日本経済予測 2023/05 1523
調理行動は食生活の健康格差を縮小するのか? 横断研究 町田大輔 日本家政学会第75回大会 2023/05 1433
論点②:「L字カーブ」解消の経済効果と課題は? 神田慶司・溝端幹雄・和田恵・高須百華・是枝俊悟 第217回日本経済予測 2023/05 1429
1523
「L字カーブ」解消の経済効果と課題は? 神田慶司・溝端幹雄・和田恵・高須百華・是枝俊悟 大和総研ウェブサイト 2023/05 1429
1523
裁判員裁判10年の回顧と展望: データで振り返る裁判員裁判の実像 藤田政博 日本法社会学会編『法社会学の最前線』(有斐閣) 2023/05 0800
0850
1000
コロナ禍における未婚者の結婚意識に関する実証分析 鷲見英司 経済集志 第93巻 第1号 2023/05 1360
1389
1428
1460
Innovation for Sustainable Business Succession 中井 透 年報財務管理研究 2023/04 0690
テレワーク制度適用の企業規模・雇用形態間格差の要因:新型コロナウイルス感染症流行前後の比較分析 麦山亮太・小松恭子 日本労働研究雑誌 2023/04 1349
1429
1440
就業・雇用のダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン -潜在女性求職者の仕事と生活の意向、求職者支援と雇用の現場、学び・学び直し- 天野敏昭 大阪府商工労働部 2023/04 1429
Employers' stereotypes and taste-based discrimination Hiroki Yasuda Journal of the Japanese and International Economies 2023/03 0764
サーチ理論に基づく賃金格差の実証分析 山上俊彦 日本福祉大学経済論集 2023/03 1429
海外留学の社会学ー「グローバル人材」と社会的再生産ー 太田知彩 名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士論文 2023/03 0873
1363
Psychosocial Factors and Change in Time Spent Studying by Students in Japan during the COVID-19 Pandemic 内山八郎 (Hachiro Uchiyama), 内海千種 (Chigusa Uchiumi), 井上弘樹 (Hiroki Inoue) JAILA Journal 2023/03 1360
1389
大学生の在学中の活動類型と移動パターンーー潜在移行分析による検討 山口ゆり乃 SSJ Data Archive Research Paper Series No.86 2023/03 0892
機械学習を用いた死刑制度賛否の態度に関する研究──予測精度によるモデル評価と特徴量の探索的分析── 西村幸浩 法社会学 2023/03 0850
0189
女子高校生の大学進学行動における進学先決定要因に関する検討-進学先の違いに注目して- 長谷川誠 大学入試研究ジャーナル第 33 号 2023/03 1372
外国人技能実習制度に対する一般的な認識と現場の実態の比較 栁田健太,日高義浩 ビジネス・マネジメント研究 第19号 2023/03 1162
A cluster analysis of Japanese consumer perceptions concerning information about the safety of food products Nana Sameshima, Rie Akamatsu Food Control, Volume 149 2023/03 1324
教員の業務負担と働き方改革 神林寿幸 日本学校メンタルヘルス学会第26回大会 2023/03 1429
The Current Status of Secondary Employment and Barriers That Hinders Promotion 寺崎千波 慶應義塾大学経済学部 卒業論文 2023/03 1429
小学校高学年の児童における家庭教育が食生活ならびに生活習慣に及ぼす影響 井澤 莉佳 宇都宮短期大学 人間福祉学科・食物栄養学科研究紀要 第21号 2023/03 1367
高校生の職業選択における明確さとその構成要因に関する研究 森谷一経 開智国際大学紀要 第22号 2023/03 1372
パラレルキャリアのススメ、1000 人いれば 1000 通りの働き方がある ~ 副業・兼業やリカレント教育による Well-being への影響について ~ 中尾 寿孝 早稲田大学 リポジトリ 2023/03 1088
1164
1227
1279
1349
1429
1430
大学生の学習行動とコミュニケーション能力に関する一考察 岩田 英以子 神戸松蔭女子学院大学研究紀要 2023/03 1388
男性の育児休業と女性の継続就業に関する実証研究 HUANG JINGYU 早稲田大学大学院・政治学研究科・グローバル公共政策コース 修士論文 2023/03 1147
連鎖的な子供の貧困と満足度 西村 美鈴 、藤井秀道 第18回日本LCA学会研究発表会でポスター報告を実施した。 2023/03 1363
中小企業における女性後継者の特性と事業成長要因-女性起業家との比較分析- 黒澤佳子 秀明大学紀要第20号 2023/03 0690
1234
学校独自奨学金/授業料等減免制度の特徴と運用状況:公私間比較の視点から 木村康彦 早稲田大学教育学会2022年度研究大会発表資料(2023年3月4日) 2023/03 1264
Deterioration in youth employment, social contexts, and marriage decline in Japan and South Korea Shigeki Matsuda, Takayuki Sasaki, Jaeyoul Shin & Jihey Bae Asian Population Studies 2023/03 PY100
新型コロナウイルス感染症拡大下で求められる. 労働政策―個票データ分析結果を用いた予備的考察― 畠山光史 地域マネジメント研究所研究年報第19号 2023/03 1443
1460
中小企業における女性への事業承継の障壁要 因と承継後の事業成長要因に関する研究 黒澤佳子 法政大学博士論文 2023/03 0587
0690
1234
1405
大学での学習・経験が教職志望度にもたらす影響:全国大学生調査を用いた計量分析 菊地原守 大学教育改革フォーラム in 東海 2023 要旨集 2023/03 0893
離別母子世帯における非同居父と子の交流が子に及ぼす影響 稲葉昭英 家族社会学研究 2023/03 0836
働く未婚女性の生活満足度規定要因を探る ―結婚意思の有無による比較の視点から― 小河映育花 人間文化創成科学論叢 第25巻 2023/03 1133
Balanced Random Forestを用いた10代青年の自殺念慮の予測 石井僚 心理学研究 2023/02 1050
大学生の特定扶養控除が 就業に及ぼす影響 前原志信・山川陽生・伊藤大尊・寺澤昂幸 ISFJ2022 政策フォーラム発表論文 2023/02 1088
1164
1227
1279
1349
1384
介護事業所における人員不足と運営状況の現状:2017年の事業所調査をもとに 加藤善昌 経済情報学研究 2023/02 1233
Factors Affecting Role Division between Husband and Wife and Housework and Childcare Time: Changes in the Work and Commute Times of Dual-Income Couples Engaging in Childrearing in Japan after the COVID-19 Pandemic 李秀眞 家族資源経営と政策、27(1)、53-65 2023/02 1360
1389
1428
1460
ホワイトカラー・ゼネラリストの職務特性 -大学事務職員の定型的職務の規定要因に着目して- 増田昌幸 亜東経済国際学会研究叢書㉔ 日中国交正常化50周年記念論文集 2023/02 0895
超高齢社会における「家族問題」とその当事者 田巻帝子 佐藤岩夫・阿部昌樹・太田勝造編『現代日本の紛争過程と司法政策―民事紛争全国調査2016-2020』・東京大学出版会 2023/02 1039
1040
Recurrent education, life satisfaction, and anxiety in Japan during the COVID-19 pandemic 内山八郎 (Hachiro Uchiyama), 内海千種 (Chigusa Uchiumi), 井上弘樹 (Hiroki Inoue) 第11回日本国際教養学会全国大会 ポスター発表 2023/02 1460
International Migration and Social Mobility Across the Pacific: A Historical Analysis of the Japanese Population in the Continental United States Tate Kihara Doctoral Dissertation(ブラウン大学大学院博士論文) 2023/02 0759
0760
学校選択制の政策評価 山下絢 早稲田大学審査学位論文(博士) 2023/02 b079
大学での専攻分野検討時期と専攻分野選択の関連とその性差 池田岳大 STEM教育研究 2023/02 0533
家族主義的社会政策における女性個人の福祉――三世代同居が育児期の女性のメンタル・ヘルスに与える影響 斉藤裕哉 ソシオロジ 2023/02 PY110
PM110
現代日本におけるボランティアとNPOに関する社会学的研究 猿渡壮 博士学位論文 2023/01 0800
0764
AN ANALYSIS OF WORK ENGAGEMENT BASED ON THE JOB DEMANDS-RESOURCES (JD-R) MODEL: EMPIRICAL FINDINGS UNDER REMOTE WORK ENVIRONMENTS IN JAPAN 樋口知比呂, 髙橋潔, 閻琳 グローバルビジネスジャーナル第8巻第1号 2023/01 1354
Effect of Mid-Adolescent Dietary Practices on Eating Behaviors and Attitudes in Adulthood Wu, M., Wu, L., Ishida, A. Nutrients, 15(1) 2023/01 1351
Homogeneity and Heterogeneity in How Institutional Investors Perceive Corporate and Securities Regulations Wataru Tanaka, Masaki Iwasaki European Business Organization Law Review 2023/01 1037
少子化に経済面で影響を与えている教育の在り方について 河野 愛一朗 Economic & Social Research No.39 2023年冬号 2023/01 1508
少子化に経済面で影響を与えている教育の在り方について 河野 愛一朗 Economic & Social Research No.39 2023年冬号 2023/01 1508
日本における仕事の安定性と雇用区分の関係ー認識と現実 李慧慧, 田中喜行, 勇上和史 国民経済雑誌 2023/01 1088
1164
1227
1279
1349
PY110
PM110
1429
子育て家庭における仕事と子育ての両立に影響を与える要因 花形美緒,田中弓子 研究紀要第79号 高松大学・高松短期大学共同刊行 2023/01 0326
子育て家庭における仕事と子育ての両立に影響を与える要因 花形美緒、田中弓子 研究紀要、高松大学・高松短期大学共同刊行 2023/01 0326
小企業における後継者の役割~承継後の経営革新と業績の向上~ 村上義昭 大阪商業大学商経学会(学会報告) 2023/01 0587
0690
1234
1405
日本における仕事の安定性と雇用区分の関係-認識と現実 李 慧慧 , 田中 喜行 , 勇上 和史 国民経済雑誌 2023/01 1088
1164
1165
1227
1228
1279
1280
1349
1350
PY110
PM110
1429
1430
1439
1440
1441
日本における仕事の安定性と雇用区分の関係—認識と現実 李慧慧,田中喜行,勇上和史 国民経済雑誌 第227巻第1号 2023/01 1088
1164
1165
1227
1228
1279
1280
1349
1350
PY110
PM110
1429
1430
1439
1440
1441
日本における外国人労働者の雇用と日本語能力の関係 劉子豪 一橋大学修士論文 2023/01 1162
日本と中国における転職理由の比較研究 ―転職行動に与える要因の分析― 王 皓 日本と中国における転職理由の比較研究 ―転職行動に与える要因の分析― 2023/01 1322
1323
Effect of Mid-Adolescent Dietary Practices on Eating Behaviors and Attitudes in Adulthood MIAO WU, LIN WU, AKIRA ISHIDA Nutrients 2023/01 1351
就職氷河期世代の主観的幸福度に関する実証分析 岡村 和明 関西学院大学経済学部『経済学論究』 2022/12 1117
1960年代の海外旅行市場における消費者の意識 外山昌樹 観光研究 2022/12 M130
人手不足に対する政策提言 佐藤拳作・早川幸音・毛利敬就・吉武優作 WEST論文研究発表会2022提出論文 2022/12 1349
1355
地域コミュニティと住民満足度について 河晃樹、松崎晃也、的場優真、山下佳悟 ISFJ日本政策学生会議2022_提出論文 2022/12 1423
1960年代の海外旅行市場における消費者の意識 外山昌樹 観光研究 2022/12 M130
日本の若年無業者の決定要因と社会復帰―マッチングバー導入と家族専門支援の提案ー 岡崎陸、加藤秀一、児玉城星、田中蓮哉、徳田和栄、羽賀実菜美、屋良敏哉 ISFJ日本政策学生会議「政策フォーラム2022」 2022/12 0756
1349
ミクロ健康データ利用の2つの課題 熊谷成将 関西学院大学 経済学論究 (高林喜久生博士退職記念号) 76(3) 2022/12 1423
高等学校におけるキャリア教育改革 ~若者の社会的・職業的自立の促進を目指して~ 安倍瑞喜,木村麟太郎,寺坂裕世 日本政策学生会議 ISFJ2022発表論文 2022/12 1388
夫婦の関係はどうかわっていくのか:パネルデータによる分析 西野理子 ミネルヴァ書房 2022/12 0817
宗教における三つの次元は各職業層および教育水準とどう関連するか――〈日本人の意識〉調査の二次分析から 中澤平 立命館大学人文科学研究所紀要 2022/12 0814
1119
キャリアにかかわる不安のとらえ直しと探索的検討 浦上昌則 日本青年心理学会第30回大会発表論文集 2022/12 1387
1388
日本の未婚率上昇を防ぐには?ーパネルデータを用いた実証分析ー 足立ひなた,塩谷美和,徳山慶,長嶋悟,松江玲征 2022WEST論文研究発表会 2022/12 PY090
高齢介護職員の労働災害の要因分析、及び予防に関する研究 丹野 紗良、内田 泉、加藤 彬、鶴見 碧惟、林 佑紀、三島 崚平 ISFJ2022政策フォーラム(報告) 2022/12 1385
短時間勤務制度による「小1の壁」の解消 藤田 佳乃、夏 葳怡、五條 杏香、近藤 美月、水野 直、吉澤 一希 ISFJ2022政策フォーラム(報告) 2022/12 1088
1164
1227
1279
1349
1429
社会における子育ての受容感:当事者と非当事者のデータの二次分析(研究計画) 齋藤慈子・厚澤祐太郎・角田梨央・野嵜茉莉・森田理仁 日本人間行動進化学会・第15回大会・オンラインポスター[P36] 2022/12 1426
社会における子育ての受容感:当事者と非当事者のデータの二次分析(研究計画) 齋藤慈子・厚澤祐太郎・角田梨央・野嵜茉莉・森田理仁 日本人間行動進化学会・第15回大会・オンラインポスター[P36] 2022/12 1426

<< < 1 2 3 4 5 6 7 > >> Total: 1849